Entries

How are you?

Welcome back! に続く、挨拶第二弾(笑)。今回は短いよん!" How are you? "と聞かれたら、" How are you? " と返す。これでOK。乱暴に云えば、How are you? に意味はなく、ましてや元気かどうかも聞いてない。Hi 程度ですな。。。 私が How are you? と云い終わらない内に、How are you? をかぶせてくるヤツだっている。だから私も或る時から、間が空かない限りは、How are you? に返事なんてしないことにした。もちろん...

Welcome back!

カテゴリー「英語のこと」がすっかりご無沙汰になっていた(気づいてはいたんだけどね)。驚くことが少なくなったわけではなく、私の日々の暮らしでそれほど、英語にアンテナを立てちゃあ、いないのよ。でも、たまにはひとつ。ウチの外部IT担当に今日、「Welcome back!」と云ってみた。3週間近くバケーションで来ていなかった。Welcome backに対する返答は何かというと、これはほぼ「Thank you」なんだな。なぜThank youなのか?...

これ、もらった!

ただいま読書中の某書より。備忘録かわりに・・・辛い事件があり、Barで酒をあおった主人公。 ”いったいどれだけ飲んだの?” と元妻に尋ねられ、こう応える。Somewhere between too much and a lot.これは使える、いや、使いたいゾ!!こんな風に、”まあ、ちょっと飲みすぎたかもな・・・”と誤魔化す場合もいいが、気取って、Somewhere between truth and falsehoodってのはどうだ?ラブコメ系ならたぶんこんなんだろう (但し、...

BBCが語る祝:Royal Baby

よそ様のお話しながら、ロイヤルベイビー誕生ニュースはやっぱり気になるところ。本家「BBC」のサイトに行くと、次から次へとネタが更新されている。さてこの世紀の大ニュース、喜びと祝福を皆さんはどんな風に表現しているのか?という正統派の英語ネタが本日の話題。まずは未だ王様になれないがお祖父ちゃんにはなれたチャールズ皇太子。"I'm thrilled, it's very exciting"Thrilledときたか・・・ワクワク、ワクワク、お祖父ち...

Currentを知らなかった私

久しぶりの英語ネタ。Currentを今さら知った。いやCurrentなんてひょっとすると毎日でも使っていそうな言葉だけれど、実際に使っているんだけれど、知らなかった。。。事の始まりはもちろん本。例の(笑)Montalbanoシリーズ第7巻目の読書中。海の話しでCurrentが出てきてPuzzleした私 (しかも名詞よ)。今さらのCurrent。Current issue に Current Status に Current Year と何も深く考えずに自動的に機械的に、いやもうパター...

NOT!

裁判で、有罪はGUILTYだけど無罪と云ったら、NOT GUILTY。裁判のように極めて公式的行事(?)で一語でビシッと決まる単語がないのは、不思議と云えば不思議だけど、そこに至る経緯がどんなものだったにせよ、そういうもんなんだから、深追いはしない。私がう~ん、と思うのはNOT。NOTと云われるとどの位強い意味になるんだろう?さて、好きな女の子から面と向かって↓の4つを云われたら、どれが一番傷つくのか?と是非Nativeの人に...

Something

Somethingなんて出会ったのは、きっと中学校教科書だろうから、な~~にも考えちゃいなかったけれど、今頃になってどんな言語でも話し言葉である限り、曖昧さって表現できないと困るということがよくわかる。日本語は曖昧だと云われるものだから、じゃあ英語ってはっきりしているのかと云うと、そうとも云えるし、そうでないとも云える。はっきりしていると思ってしまうのは、日本語では区別しないものを区別するような場合、それ...

Manila envelope

アメリカの本によく本にでてくるのよ、これが。。。マニラ=マニラ麻までは想像できる。その辺によくある封筒なんだってことも読んでいればわかる。まあ、封筒なんだよね・・・ でも今日も出会ってしまったので、腰を入れてそもそもなんなのか調査してみることにした。疑問点は以下。① そもそも素材は本当にマニラ麻なのか? それとも今は違うけれど呼称だけが残っているのか?② アメリカじゃ、ふつ~~の文房具なのか?③ な...

私も時には辞書を引く

今週は結構、英語weekだった (常駐の外人がいない外資系なんて普段は日本語だらけよ・・・)【その1】 税関までお出かけし、報告書提出を仰せつかり、本社のちょっとエライ人にお願いメール。折角なので、気張ってFormalバージョンにしてみた。メールってお喋りの延長みたいなものばかりだから、なかなかこんな機会はないのよ。実のところ気張る必要は全然ない(笑) でもたまにゃあ、ちょっとそんなものを書いてみたくなるん...

あ”~~、やっと

やっと、です、やっと。Bail と RealmBail は警察・裁判絡みだから、Boschのシリーズにはよく出てくる、しょっちゅうでてくる。なのに、いつも読んでいるとつっかえる。 ” あ、またでてきたけどなんだっけ??” たまには辞書も引く。 ” あ~そうだった、保釈ね・・・ ”Realm。 これが何とも不思議な単語で、どの本にもよく出てくるのに、英語で本を読み始めるまで、つまり仕事上では全然登場しなかった。時々そういう単語...

How comeとWhyは違うよね?

「How come」 は英語で本を読むようになるまで知らなかった。仕事メールで見たことはないし、英語を第二外国語として使う国の人たちがヒョイと使う言い方でもなさそう。本でも会話には出てきても地の文にはさほど出てこない。私がエラかったところは、最初に出会った頃から、え??とは思わずに、ははあ、なるほど、と思えたところ(自画自賛!)まあ確かに 「Why」 と似ている。Whyに置き換えてしまっても、まあ、だいたいイケ...

Includeはプラスかマイナスか?

本が読み終わらない繋ぎ記事。そー言えば、最近英語のことを書いていなかったし。さて問題。朝一番の在庫がある。当日販売して在庫が減る。販売後の在庫数を英語で表現する場合INCLUDE SalesEXCLUDE Salesどっちが正しいのか未だにわからない。わからないことは通常 ”まあ、いいや” で済ませている私だけど、これは済ますわけにはいかなくて、いつも困る。なぜ今までこんなよくある話しを素通りして仕事が出来ていたのか不思議。...

いい加減にもうやめようよ、な英語たち

そう言えば、教科書だかデル単だかにはそう書いてあったよね、てな和訳・英訳に今更お目にかかると、もういい加減にやめようよ、と思う。● I'm proud of 誇りに思う普通に会話するときに、誇りに思う、なんて気恥ずかしいことはそうそう言わない(よね??)。”誇りに思う”っていう和訳に遭遇すると、この有名な熟語ってヤツが目に浮かぶ。これってそんな仰々しいことじゃなくて、もっと軽いノリだと思うけど。だってよく聞くし...

こんにゃくはKonnyakuだということ

本日は久しぶりに外人とディナー(但し、仕事)。外人といってもエライ人じゃなく、システム導入で本社フランスからきたITチームの若者1名と中年1名。対する日本チームは、思いっきり大阪弁なまりの英語を話すヒト、いかにも現場で英語を学んだヒト、育ちはフランスのほぼ完璧trilingual boy(日英仏)、そして私(紅一点)。会話は英語あり、フランス語あり、日本語あり、好き勝手に話す。おきまりの話題は出される料理(今日は何...

外国人が困る「曖昧な日本語」

お昼休みに眺めている日経電子版より。どんな言語であろうと、日常のたわいもない会話で使われる言葉はよく考えると曖昧。ということで、外国人に日本語を話すとき、実はこんな可笑しな日本語の言い回しに気をつけて、誤解のないようにコミュニケーションをとりましょう、というのが記事のテーマ。そんな曖昧な日本語の例。1時間おきにバスが来る ⇒ 1時間に1回バスが来る1日おきにバスが来る ⇒ 2日に1度バスが来るほお~。「1...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア