FC2ブログ

Entries

罪のスガタ

本の帯は、騙されるゾ!騙されるゾ!と自分に言い聞かせるんだけど、大体理性が負ける。これも負けた。”親愛なるアゴスティ僕が思うに、これは映画化にもってこいの実に魅力的な物語だよフェデリーコ・フェッリーニ”Silvano Agostiはイタリアの映画監督・作家で、私は映画も本もどちらもお目にかかったことがなく、この本が最初の出会い。罪のスガタ(2009/11/30)シルヴァーノ・アゴスティ商品詳細を見るイタリアでは、「裁判官」 ...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア