FC2ブログ

Entries

縛り首の丘

ポルトガル好きの私としては、ポルトガルというだけで一応読んでみようと思うわけです。もっともそれ以前に、ポルトガル文学は選り好み出来るほど翻訳されていないわけで、本屋さんでもスペインと一緒の棚で、何とも肩身が狭い。このオドロオドロしいタイトルと表紙、しかも19世紀のポルトガルの作家、Eca de Queirosは、以前に「アマーロ神父の罪」 (ポルトガル文学叢書)という本を読んだら、硬いお話しだったので、同じ路線かと...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア