FC2ブログ

Entries

鏡のテオーリア

多田智満子さんと言えば、ユルスナールの「ハドリアヌス帝の回想」や、マルセル・シュウォッブの「少年十字軍」などの翻訳でしか私は知らないけれど、硬質で気品溢れる翻訳はこんな文章を書く翻訳家がいるのかとそれだけで敬服してしまった。翻訳家であり詩人であり、西洋文学だけでなく、古今東西のあらゆる書物に精通し、博識だけでなく、さらにそれを土台にした自身の認識と感性とで、孤高の哲学者のような人だったらしい。本人...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア