FC2ブログ

Entries

芸術家

「書物の王国」 3冊目は 「芸術家」。 コクトーの描く「マリー・ローランサン」、稲垣足穂の描く「佐藤春夫」、山東京山が描く「滝沢馬琴」など、実際に存在した芸術家というテーマで集められたアンソロジーがこの「芸術家」。芸術家と言いながら絵描きや音楽家にも増して、文学者家がやたら多い。芸術家 (書物の王国)(1998/10)トーマス マン商品詳細を見る「芸術家の肖像」葛原妙子「ダンテ・アリギエリ」 フランコ・サケッテ...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア