FC2ブログ

Entries

汚辱の世界史

こんな文庫がでていた。1976年に晶文社から刊行された単行本『悪党列伝』を大幅に改稿して成ったもの、ってことだけど、興味を引かれたのは、これが彼の最初の短篇集だということ。元は1934年から1935年にかけて新聞掲載用に書いたボルヘスによるピカレスクヒーロー列伝(なんだろうか?)汚辱の世界史 (岩波文庫)(2012/04/18)J.L.ボルヘス商品詳細を見る汚辱の世界史 ラザラス・モレル 「恐ろしい救世主」トム・カストロ  「...

顔のない軍隊

「無慈悲な昼食」が気に入ったので、早速第二弾へ。装丁の絵はまさしくこの本そのもの。一見すると酔っ払いの乱痴気騒ぎのようだけれど、銃に刀、血を流して倒れている人々。コロンビアの新鋭エベリオ・ロセーロの出世作で、イギリスはインディペンデント紙の外国小説賞受賞作。顔のない軍隊(2011/01/25)エベリオ・ロセーロ商品詳細を見る全編語りはイスマエルと言う名の老人。村人皆が教え子という元教師、今は引退しているこのと...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア