FC2ブログ

Entries

メルラーナ街の混沌たる殺人事件

イタリアものはこれでも一生懸命探しているつもりだったけれど、Calvinoに薦められるまで、この本が凄いと言われている本だなんて知らなかったよ・・・ だって、タイトルがいかにも今風だから、今風のかる~~い本かと思っていた。20世紀を代表する小説家こと、アイルランドのジェイムズ・ジョイス、フランスのマルセル・プルーストやルイ=フェルディナン・セリーヌ、オーストリアのフランツ・カフカ、アルゼンチンのホルヘ・ル...

なんちゃってKindle

iPhoneを買ってしまった。3年以上使った3G携帯のバッテリーが怪しくなってきたし、液晶がかすかにイカレている。う~~ん、これは単なるこじつけか。。。(素直に吐いてみぃ!)私は携帯なんて電話とメールができりゃいいくらいにしか思っていなかったし、貴重な読書タイムだから、電車の中で音楽を聴いたりネットに熱中したりする気もない。だからSoft Bankの店のおねーさんにも ”ホントにほとんど通話料使っていませんね” と誉...

Lost Light

あっちこっちの本を数ページ齧っては投げ、齧っては投げ、ラクして読みたい時は結局ここに納まる (休憩本というより逃げ本と呼んでしまいそう・・・)Lost Light (Harry Bosch)(2004/03/01)Michael Connelly商品詳細を見る前巻でLAPDをやめてしまったBosch。家のローンも終わっているし、年金ももらえて生活に困ることはないのに、満たされない心が過去の未解決事件に向かう。1巻から律儀に読んできた私だって、思わず、もうい...

黒法師

本のことを書かずにこんな日常ネタばかり書く理由は、本が読み終わっていない繋ぎ以外の何ものでもない。。。さて黒法師というのは一寸法師や三蔵法師の仲間ではなく、多肉植物の一種で、深い紫というか黒光りした葉(?)を持つ植物で、カワイイというものではなく、良く言えばお洒落、悪く言えばちょっと気味が悪い。この黒法師もウチで暮らしている植物の中では古株の部類。理想的な立ち姿はこんなはずだった。ところがウチの法...

嗚呼、イギリスってば本当に・・・

今年はオリンピックにエリザベス女王の即位60周年も加わり、イギリス特集番組が多くてついつい見てしまう。私は地上波はトンと見なくなってしまいBSばかりだけれど、これってBSだけで放映しているのかしら??多くてといいながら、日本それもNHK様の番組なので、ロイヤルファミリー関連と風景もの(ピーターラビット絡みの湖水地方ネタがやたら多い気はするけれど)、繋ぎにイギリス映画、そして過去のイギリス関連の放映をひっく...

三つのブルジョワ物語

南米チリ生まれのJosé Donoso (表記がねぇ、ホセ・ドノソだったりホセ・ドノーソだったりっていうのは止めてくれ) は復刊希望を出している 『夜のみだらな鳥』 に目を奪われ、他の作品探しをすっかり忘れていた。こんなステキな表紙の文庫もあったのね。翻訳は木村榮一氏。小難しい話しでは全くないけれど、相も変わらず読みやすい翻訳に感謝。三つのブルジョワ物語 (ラテンアメリカの文学) (集英社文庫)(1994/09/20)ドノソ...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア