FC2ブログ

Entries

創造者

この本を導いてくれたのはこれ。 「レオポルド・ルゴーネスに捧げる」と題した献辞から始まるこの本。図書館のルゴーネスの執務室でこの書物を彼に渡す。ここでボルヘスの夢は崩れ、彼が既に自殺していることを悟る。”わたし自身の見栄と懐旧の情が、ありえない光景を生み出したのだ。そのとおりかも知れない、と私は呟く。だが、明日は私も死ぬのだ、わたしたち二人の時はない交ぜられ、年譜は象徴の世界に消える、だからある意...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア