FC2ブログ

Entries

生落花生の美味いこと!

昨日実家に帰ると、野菜が届く。この記事でも登場して山椒をいただいた知り合いの方が再び届けてくれる。もらう量が半端じゃないので、一瞬絶句することが多いけれど、今は端境期だからか、収穫は少なめでちょっとホッとする。さて、今回初ものが登場。生の落花生、収穫したてで泥付きのまま我が家に到着。炒った落花生はよく食べるけれど、生は貴重だよ・・・ 私だって今まで1度しか食べたことがない。「茹でて食べてください」...

墓地の書

スロヴァキアの作家、Samko Tale. 舞台になっているのはコマールノという都市。ここはスロヴァキア南西部の、スロヴァキア系とハンガリー系住民が混在する町。ドナウ河の対岸はハンガリー。1990年代、ソ連が崩壊し、東欧諸国から共産主義が排除され、独立運動と民族主義と、そして同時に新旧の価値観の混乱が起きた時代。墓地の書 (東欧の想像力)(2012/04/13)サムコ ターレ商品詳細を見る「れっきとした名前のある病気」で成長不...

夢先案内猫

Leonor Finiはイタリア系アルゼンチン人、ということだけれど、育ったのは母親の国イタリアで、生涯のほとんどはヨーロッパで暮らしているので、カテゴリはイタリアへ。夢先案内猫(1980/01)レオノール・フィニ商品詳細を見る初めて出遭ったLeonor Fini、どんな人なのかは、Wiki を読んでください。画家と一口には云えない程、多才な芸術家。しかもこんな摩訶不思議な文章も書ける。画家だったとは知らずにまず本を読んでしまった...

NOT!

裁判で、有罪はGUILTYだけど無罪と云ったら、NOT GUILTY。裁判のように極めて公式的行事(?)で一語でビシッと決まる単語がないのは、不思議と云えば不思議だけど、そこに至る経緯がどんなものだったにせよ、そういうもんなんだから、深追いはしない。私がう~ん、と思うのはNOT。NOTと云われるとどの位強い意味になるんだろう?さて、好きな女の子から面と向かって↓の4つを云われたら、どれが一番傷つくのか?と是非Nativeの人に...

Summer has gone or Autumn has come 2012年版

ほぼ1年前のこんな記事。9月のお彼岸の頃には、小さな秋が既にやってきていた。そう思うと今年は涼しくならなくて、いまひとつ秋の実感が湧かない。・ ベランダのサンシェードはまだ必要・ 熱いコーヒーどころか喫茶店ではまだアイスコーヒーを注文している・ 布団はさすがにかけて寝ているな・・・・ 麻の服もさすがに着ていない・ 水で顔を洗うとまだ気持ちがいい・ 掃除をするとまだ汗だくになるぞ!でも今年もウチの中は...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア