FC2ブログ

Entries

墓地の書

スロヴァキアの作家、Samko Tale. 舞台になっているのはコマールノという都市。ここはスロヴァキア南西部の、スロヴァキア系とハンガリー系住民が混在する町。ドナウ河の対岸はハンガリー。1990年代、ソ連が崩壊し、東欧諸国から共産主義が排除され、独立運動と民族主義と、そして同時に新旧の価値観の混乱が起きた時代。墓地の書 (東欧の想像力)(2012/04/13)サムコ ターレ商品詳細を見る「れっきとした名前のある病気」で成長不...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア