FC2ブログ

Entries

早すぎた夕映―評伝 有元利夫

ショックを受ける絵というのはそうそうあるものじゃなくて、私は今までに2度しかそういう絵には出会っていない。最初は何を隠そう小学6年生のとき。相手はクリムトの「接吻」。この絵はいつか見ようと夢見ながら、15年後に念願が叶いウィーンで出会えた。そして2つ目が有元利夫の絵。早すぎた夕映―評伝 有元利夫 - 米倉守彼の画業を視つづけた美術評論家、米倉守による書き下ろしがこの本。古本カフェにこそっと置いてあったも...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア