Entries

低開発の記憶

原作より映画の方が有名らしい。1968年製作のキューバ映画。それに合わせて「いやし難い記憶」 (1972年) というタイトルで邦訳が出て、その時は英語訳から小田実が翻訳した。今回はラテン文学の翻訳では大変お世話になっている野谷文昭氏。低開発の記憶(2011/05/24)エドムンド デスノエス商品詳細を見る1961~1962年、キューバ革命直後のハバナ。主人公は西欧に憧れるブルジョアのインテリ。革命には共感せず、祖国を低開発と罵り...

The Songlines

「どうして僕はこんなところに」 を読んだ後、これは英語と誓ったので、素直にトライはしてみたものの、どうしてこんなに好きなのに、どうしてこんなに難しいんだろう(笑) 「パタゴニア」 を読んでおいてよかった。そして彼の人生の総括とも云える、「どうして僕はこんなところに」 を読んでおいてよかった。そもそも彼の紀行文(と呼んでいいのなら)はこんな風。フィクションではないけれど、ノンフィクションと言い切るに...

黄金の壺・砂男・ドン・ジュアン

遅まきながら初ホフマン。実は私が今回読んだ旺文社文庫の「黄金の壺・砂男・ドン・ジュアン」はネットでどこをどう探してもヒットしない(昭和51年の初版)。なので、これから読もうというのなら、岩波文庫あたりでどうでしょう?ホフマン短篇集 (岩波文庫)(1984/09/17)ホフマン商品詳細を見る黄金の壺 (岩波文庫)(1974/05/16)ホフマン商品詳細を見るホフマンが生まれたのは1700年代後半、活躍時期は19世紀前半だから私が普段ちょ...

ゾロ 伝説の始まり

Allendeはなんもかんも忘れて、没頭したい時にはうってつけなので、大事に取っておきたいけれど、「オックスフォード英語大辞典物語」が期待に応えてくれなかったので、文庫といえども上下巻のこれを腹いせに開く。ゾロ:伝説の始まり〈上〉 (扶桑社ミステリー)(2008/04/25)イサベル・アジェンデ商品詳細を見るゾロ:伝説の始まり〈下〉 (扶桑社ミステリー)(2008/04/25)イサベル・アジェンデ商品詳細を見る元はアメリカの小説で、何...

梅の実収穫~完全自家製ジャムができるまで

小田原には曽我梅林という梅の名所があり、時が止まったような田舎の風景と梅林はほっとする景色(機会がある方は是非・・・) そっちばかりに気を取られ、庭の梅の木に実がなるなんて、先週まで知らなかった。知った瞬間はかなり驚いた。たった1本の梅の木なので実がなるといってもたいしたことはないんだけれど、ほったらかしにしては、それなりに実をつけている。父曰く、”毎年、実はなっている” え~~、私は全然知らなかっ...

オックスフォード英語大辞典物語

タイトルがダサすぎる(笑)。英語辞書の話しじゃなかったら素通りしてたね。。。古本カフェでお買い上げしたのだけれど、カフェのお兄さんは辞書好きだということが判明した。元仏文青年はスペイン語の辞書も眺めちゃうらしい。私は辞書オタクじゃないけれど、英英辞書に出合って以来、辞書は引くものじゃなくて、読むものだと頑なに信じている。そして最初の 「OXFORD」 か 「LONGMAN」 かの選択時に、LONGMANを選び、その後...

キューリのQちゃん

いよいよ、夏野菜の季節到来。昨日実家に行くと、この夏初物の胡瓜が届いていた。ついでに大量の玉ねぎにらっきょうも届いていた。玉ねぎは涼しいところにでも置いておくとして、らっきょうは捌かねば・・・ いただくのは、畑から直送なので、泥どころからっきょうの根も茎もついている。スーパーなんかで売られているものは、その辺りは処理済のキレイなものだけど、直送はまず根と茎を切り落とし、泥を落とし、らっきょうの薄皮...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア