FC2ブログ

Entries

パパの電話を待ちながら

以前Gianni Rodariの「猫とともに去りぬ」を誉めたたえた時に、この本の存在には気付いていた。が、無視した理由は、なんだか児童書臭かったから(笑)。が、古本カフェで見つけてしまったとなれば仕方あるまい。確かに「猫とともに去りぬ」より、児童書的要素は強かった。パパの電話を待ちながら (講談社文庫)(2014/02/14)ジャンニ・ロダーリ商品詳細を見る原作から14篇は削除して、全国を旅するセールスマンの父が、毎晩9時に娘...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア