FC2ブログ

Entries

秘書綺譚

買った理由が思い出せない。しかし、この光文社の古典新訳文庫は、文庫本があまり好きではない私でも、前言撤回したくなるほど、字も大きめであ~読みやすい。この本の後に昔の岩波文庫を見ると、開いた瞬間、 ”またの機会にしよう” と閉じてしまいそうになる。秘書綺譚: ブラックウッド幻想怪奇傑作集 (光文社古典新訳文庫)(2012/01/12)アルジャーノン ブラックウッド商品詳細を見る『空家』『壁に耳あり』『スミス 下宿屋の出...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア