FC2ブログ

Entries

アフリカの海岸

久しぶりに見とれてしまう程の美しい本。鮮やかなブルー模様に艶やかなイスラム風文様は、この本の舞台となったモロッコのタンジェのイメージなのか?さて、「船の救世主」に続き、Rodrigo Rey Rosaの残る1冊がこちら。コストパフォーマンスの悪い150ページで1,800円也。でもこんなに美しい本なら許すゾ!今回も『初版第一刷2000部』だあ。アフリカの海岸(2001/09)ロドリゴ レイローサ商品詳細を見る恐怖と狂気が漂う前二作と比較...

責苦の庭

「碧玉の杖」ですっかり 「フランス世紀末文学叢書」 が気に入った。そんな矢先、狙ったのかどうかは定かでないが、古本カフェがドカドカとこのシリーズを仕入れてきた。それは、サァ、買っとくれ!というサインだと素直に受け止めることにした。責苦の庭 (1984年) (フランス世紀末文学叢書〈5〉)(1984/06)オクターヴ・ミルボー商品詳細を見るこのシリーズ、国書刊行会の紹介文はこんな風。爛熟と頽廃の19世紀末――物質的な繁栄を...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア