FC2ブログ

Entries

カフカ短篇集

始まりは、ゼーバルトの「目眩まし」。カフカくらい大物メジャーな作家になると、喰わず嫌いの血が騒いでしまい、そっぽを向きがち。といいながら、人並みにはさらっと通ってきた。多くの人は「変身」あたりから入るのだろうか(私はそうだった)?「審判」 に 「失踪者」 も読んだが、ピンとこない。それを180度覆してくれたのが、『禿鷹 (バベルの図書館 4)』 で出会った短篇集。こっちは断然面白かった。カフカ短篇集 (岩波...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア