Entries

さっき、気付いたこと

これが好きで好きでたまらない・・・という何かがあれば、人生もうそれだけでOKじゃん、と常々思っていた。でも、それがある人っておそらく少ない。食べるものがあるだけで有難いと思えとか、仕事があるだけで有難いと思えとか、それは現代ではそうそう通る説教ではないな。やりたいことを見つけようとしたら、一生かかっても見つからないかもしれない。でも、さっき気づいた(いやホントさっき)。やりたくない事を徹底的にしない...

秋の雪

イレーヌ・ネミロフスキーの二冊目は短篇集。秋の雪―イレーヌ・ネミロフスキー短篇集イレーヌ ネミロフスキー Ir`ene N´emirovsky 未知谷 2014-03by G-Tools以下、5篇『舞踏会』『秋の雪』『九月の午餐』『幸福な岸辺』『腹心の友』1929年から1941年までに発表された5篇。彼女の作家としての活動期間はほんの10年足らずだったが、長短篇あわせて、20作を超える作品を残しているから、自らの激動の半生を反映させながら、題材は次...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア