FC2ブログ

Entries

巨匠とマルガリータ

腰をすえて600ページに挑んでみたが、拍子抜けするくらい楽に読めてしまい驚いた。色々なバージョンがあるが、私は一冊ですむ河出のバージョン。ブルガーコフは先に「犬の心臓」を読んでいたが、ずいぶんと前のことだったので、彼の作風は思い出せない。ロシアと”20世紀最高のロシア語文学”という評、発禁本という三大名誉を引っさげているのに、笑いの要素が満載で、シュールというか荒唐無稽で、読む前の思い込みとのギャップが...

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア