Entries

Mini Shopaholic

私が読んだPBはこのバージョンじゃないんだけど、まあ、良しとしよう。確かこれはShopahoicシリーズの第6作目。恥かしいが第1巻から律儀にそして全部読んでいる。そして悔しいからほとんど買わずに借り物で済ませている(これも借りた)。だってすぐ読み終わっちゃうし、読み直そうとも思わないし、感動もないし、ブンガクだなんて認めてやんないし、私にとっては雑誌扱い!どう考えても、女のしか読まないでしょ、これ。面白いなんて言いたくないから、ヒトにも薦めない。でも笑える、読み出すと朝になっていたことも一度や二度ではない。
Mini ShopaholicMini Shopaholic
(2011/04)
Sophie Kinsella

商品詳細を見る
久しぶりに読んだけど、シリーズものだから登場人物は引き続き登場し、なんと言っても今回の目玉は娘のMinnie. そのうち子供が生まれて、これがBeckyとそっくりなShopaholicという筋書きは皆が予想も期待もしただろうけど、その期待を裏切らないで書いちゃうあたりがベストセラー。ベストセラーは ”こうなって欲しい” を半歩先行く面白さで着地させるのがコツなんだろうな(決して1歩も2歩も先んじてはいけない)。主人公ShopaholicのBeckyは絶対に私は友達にならないタイプ。このバカ女!と言いたくなる(イギリス人って結構おバカ物好きだよね・・・)。でも妙に勘がいいし、変に気が利く。自ら招くトラブルを破綻寸前の状況にまで自ら誘導し、それは下手な言い訳を突き通し、姑息な手段で誤魔化そうとするツケなんだけど、土壇場になって火事場のクソ力で見事乗り切る。今回も、この「水戸黄門」に勝るとも劣らないお決まりパターンで目出度く終了する。

こんな本、細かいことなんてどうでもいい、大体分かれば十分、深く読む本じゃないでしょ、と言いながら不思議な程、筋はしっかり通ってしまう。どうでもいい瑣末な単語より、展開の方が大事だから、辞書なんて引いている暇はない。まあ、ちょっと悔しいことは、イギリスでは誰でも知っているブランドとか店とかキャラクターを知らないとオチがわからないってことか。とはいえ、とにかく ”雑誌” だからストレスというものがない。 ”今回はどう落とし前つけてくれるのよ?” という焦らせ方をのっけから放つSophie Kinsellaの上手さは認めなきゃね。

しつこいがまた言う。別に好きじゃないからね、こんな本。見る気は全然ないのに、暇に任せてついつい最後まで見てしまった2時間ドラマの後味と似ていなくもない。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/107-316ca7a0

トラックバック

コメント

[C70] わかった、わかった・・・

そうなんでしょ、嫌いなんだよね・・・
  • 2011-08-29 23:23
  • さかい@tadoku.org
  • URL
  • 編集

[C72] うん、きらい。

きらいだあ・・・楽しんでしまう自分がきらいだあ・・・
愛憎というのは往々にして紙一重のものである。
  • 2011-08-30 00:50
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア