Entries

Watermark

「ヴェネツィア 水の迷宮の夢」のオリジナル。いただきものの本(どうも有難うございます)。 英語版と翻訳版を両方読むことはまずないので、私にとってはかなり希有な経験。Joseph Brodskyはロシアの詩人なのでオリジナルはロシア語かと思っていたら、彼はソ連時代に迫害を受け、結局アメリカに亡命し、このWATERMARKは亡命後英語で書かれたものだった。だからこれがオリジナル。彼は毎年冬になるとヴェネチアを訪れている。
WatermarkWatermark
(1993/06)
Joseph Brodsky

商品詳細を見る
ほとんど意味はわからない(笑)。でも読みたいと思わせる130ページ足らずの散文。詩人だから、言葉の選び方から使い方、韻律など味わえないとダメなんだろうけど、でも日本語で読んだ時もよくわからなかったし、折角だから今回もちょっと拾読みしてみたけれど、やっぱりよくわからない。つまり言語の問題以前の何かがありそう。

全編を通して感じるのは視覚への鋭い感覚。

.... I won't wince at that of superficiality either. Surface - which is what the eye registers first, are often more telling than their contents, which are provisional by definition.

After a while - on the third or fourth day here - the body starts to regard itself as merely the eye's carrier, as a kind of submarine to its now dilating, now squinting periscope.


冬のヴェネチア。水のヴェネチア。冬のヴェネチアには陽光に煌めく水面の風景は登場しないし、そもそも世界屈指のユニーク都市であるヴェネチアはここにはない。ヴェネチアはBrodskyを惹き付けるくせに、彼に対しては徹底的に無関心を貫いているみたいで、何だか挑戦的な感じさえする。Joseph Brodskyだって本の中でヴェネチアをベタ誉めしているわけではなく、冬の寒さや干渉してこないヴェネチアの人々や、高潮被害の話しをしている。ヴェネチアにいる時は半分幸せで半分は幸せじゃないとも・・・ と言いながら、理屈で説明できない忠誠心みたいなものが、見返りを期待せずにまた愛する町に戻ってきてしまうらしい。
For love is an affair between a reflection and its object....objects don't ask questions: as long as the element exists, their reflection is guaranteed...

WATERMARKはヴェネチアなら一義的には水位標なんだろうけど(ヴェネチアではよく目にする)、ここでは水が刻むもの(markするもの)ってことなんだろうか?Water is timeのフレーズが繰り返し出てくる。そう言えば、ヴェネチアを訪れた時、運河に囲まれた迷宮のごとく入組んだ路地ばかりに気を取られ、水を見ることはなかった気がする。水は常に上から眺める止まったままの景色の中の一つのオブジェで終わっていた。

どうにかわかるところだけ拾読みで完了。こんなレベルで何故だか一番好きだったのが、この最初の文章 (全然本題と関係ないじゃん)。
Many moons ago the dollar was 870 lire and I was thirty-two. The glove, too, was lighter by two billion souls, and the bar at the stazione where I'd arrived on that cold December night was empty.
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/184-e29292d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア