Entries

架空の町

国書刊行会というところは、粋な(と言うか恐ろしいというか)シリーズを刊行してくれる出版社で、「文学の冒険」 シリーズや 「バベルの図書館」 シリーズにははまった(まだはまっている)けれど、この「書物の王国」 シリーズもまた怖い。古今東西のアンソロジーを集めたシリーズで、アンソロジーというだけで怖いけれど、そのテーマが、
「架空の町」 「夢」 「王侯」 「月」 「植物」 「鉱物」 「人形」 「美少年」 「両性具有」 「同性愛」 「分身」 「吸血鬼」 「芸術家」 「美食」 「奇跡」 「復讐」 「怪獣」 「妖怪」 「王朝」 「義経」
と並ぶ。まずこれを選んだ理由が、ボルヘスがあったからで、いつもの古本カフェのお兄さんも家に何冊かあったから今度・・・なんて言い出すし、嬉しいや哀しいやら。とりあえず、あと「鉱物」「植物」「分身」は読まなきゃな。。。
架空の町 (書物の王国)架空の町 (書物の王国)
(1997/12)
J.L. ボルヘス、チェスタトン 他

商品詳細を見る

収められているのは26編。
『武陵桃林(捜神後記)』 陶淵明
『青銅の町の綺談(千夜一夜物語)』 渡辺一夫
『眠れる都市』 シュウォッブ
『眠い町』 小川未明
『見知らぬ国』 スティーヴンソン
『ドゥンデヤ諸島』 マンデヴィル
『アク族の国にて』 ミショー
『蟻走痒感』 安西冬衛
『鐘楼の悪魔』 ポオ
『倫敦の話』 ダンセイニ
『薄い街』 稲垣足穂
『サルナスをみまった災厄』 ラヴクラフト
『トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス』 ボルヘス
『遠近法』 山尾悠子
『申陽洞記(剪灯新話)』 瞿宗吉
『夢路の風車(西鶴諸国ばなし)』 井原西鶴
『ロンジュモーの囚人たち』 レオン・ブロワ
『ママゴト』 城昌幸
『街』 チェスタトン
『猫町』 萩原朔太郎
『猫町紀行』 つげ義春
『街の中にタイムトンネルを見つけた』 中井英夫
『N』 マッケン
『高桟敷』 泉鏡花
『闇の路地』 ジャン・レイ
『幸福の島(博物誌)』 プリニウス

私はこのシリーズの企画だけで既にやられているけれど、かなりマニアックなセレクション、そして架空の町というくらいで、幻想系が多い。文体も古いものがあったり(泉鏡花はわかんなかった・・・)で、まさに古今東西の詰め合わせ。「架空の町」に迷い込んで、迷子になってしまうような作品ばかりだから (単純なファンタジーワールドではない)、これは合わない人は合わないな(でも私はOK!)
『ママゴト』 と 『猫町』は面白かった。『闇の路地』 もなかなか。でも圧巻は何だろうと考えると、『トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス』 (文学と哲学が合体された感じ) と、『遠近法』 (”九万階上にこの世界の謎を知る老人がいる” ってな桁違いさ)。これは町ではなく、もう異質な世界といった方がいいくらい。正直よくわからなかったのに、気持ち悪くなるくらいの圧倒的な異質感。

アンソロジーって決してオイシイところだけをパッチワークした本ではなく、編者の我侭し放題加減を楽しむとか、ひとつひとつの話しの面白さよりは、全体として醸し出される総合力なんだろうと実感する。
「鉱物」読んでみたいぞ!!
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/185-58d459b8

トラックバック

コメント

[C197] いいですねえ!

「架空の町」だなんて、なんという魅力的な名前!

その町の名前を一つ・・・

今度貸して下さい。
  • 2012-01-27 20:07
  • さかい@tadoku.org
  • URL
  • 編集

[C199] 夢見る架空の町ではなく・・・

魅力的ですが、かなりダークな町が多いですよ。ちょっと怖いです。

「鉱物」とか 「植物」ってそそられませんか?無機質感がそそられるのです。
  • 2012-01-28 02:29
  • Green
  • URL
  • 編集

[C201] 町の方がいい!

もちろんグリーンさんの書評次第では・・・
  • 2012-01-28 16:34
  • さかい@tadoku.org
  • URL
  • 編集

[C206] そんなことを言うものだから・・・

「鉱物」と「分身」とポチってしまったじゃないですか!
  • 2012-01-28 22:59
  • Green
  • URL
  • 編集

[C207] あー、ひとのせいにしてる!

julieさんも見たよね? 自分でポチッたのに・・・
  • 2012-02-01 11:38
  • さかい@tadoku.org
  • URL
  • 編集

[C208] いえいえ、ポチる動機を与えてもらったと感謝しております。

なにもJulieさんに目撃者証言を求めなくても・・・(笑)

まあ、遅かれ早かれポチッたし、私の指でポチりましたからね、全部自分のせいですよ。
でも入手困難な本でもなさそうだったので、まだいっかなあ、と思っていた矢先に煽られたってとこです。
  • 2012-02-01 23:45
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア