Entries

Little Misunderstandings of No Importance

邦訳が出る気配がないAntonio Tabucchi。翻訳されていないものがかなりあることまではわかるんだけれど(専らWikiで調べる)、原文表記のままだとイタリア語で、じゃあそれが英語ならあるかと英語Wikiに飛んでみてもこれまた編集不十分・更新作業不十分でよくわからん。この本もAmazonにあったから買ってみたけれど、よくよく調べたら、「Piccoli equivoci senza importanza」というタイトルで1985年出版、つまり初期の作品だった。
Little Misunderstandings of No ImportanceLittle Misunderstandings of No Importance
(1989/10)
Antonio Tabucchi

商品詳細を見る
本の始めは「NOTE」と題されたTabucchiの前書き。
Baroque writers loved ambiguity. .....
I, too, speak of ambiguities, but it's not so much that I like them; I am driven, rather, to seek them out. Misunderstandings, uncertainties, belated understandings, useless remorse, treacherous memories, stupid and irredeemable mistakes, all these irresistibly fascinate me....
I might be consoled by the conviction that life is by nature ambiguous and distributes ambiguities among all of us.


まさに何とも曖昧な11の短編集。何が曖昧かと言うと、結論(オチ)の無さだけでなく、そもそも登場人物のバックグラウンドの説明がない。Ambiguityと前書きに親切にも書いてくれているのに、最初の2~3篇は途方に暮れる。Tabucchiはミニマリストと呼ばれている、だから言葉は厳選され、シンプルで、そして読者にほんの僅かの情報しか与えないし、プロットというほどのプロットもない。話しの最後は不可解で謎だらけの曖昧さ。人物の心理描写を切々とを描くくせに、この人はどうして今ここにいるのか?なぜ悲しいのか、なぜ絶望しているのか、何もない。

でも読み進むとそれが不思議と気にならなくなってくる。そして結論もプロットもないとわかっていてもページを捲らずにはいられなくなる。11篇はすべて憂鬱な物語だけど、Pleasantly brooding talesっていう解説を発見してああ~そう・・・と納得。憂鬱だけど悲惨ではない。人生の人間の本質はambiguousと言いながら、絶望していないし、美しい、そう信じている(気がする)、だからTabucchiは嵌まる。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/194-a20abd29

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア