Entries

わが夢の女

森毅氏が解説を書き、挿絵は佐々木マキ。結構力が入っている。その森毅氏、『ちくま文学の森』というシリーズがお気に入りで、戦後の学生時代、この本を闇市の古本屋で買ったらしい。で、このMasshimo Bontempelli マッシモ・ボンテンペルリって誰?(誰か知らずに私はいつどうやって見つけて買ったんだろう??)
わが夢の女―ボンテンペルリ短篇集 (ちくま文庫) 
わが夢の女 
Bontempelli は政治的にはファシストで、文学的にはインターナショナルな人だったらしい (上手く理解できない)。作風はといえば、不思議で変。星新一を彷彿とさせるけれど、星新一ほど人間臭くない。喋らないものが喋ったり、動かないものが動いたり、ナンセンスでグロテスクで、奇妙奇天烈。佐々木マキのイラストが軽い文体と奇妙な作風と実に見事にマッチしている。23篇もの短篇を収納しているので、一篇は短くて、軽快だからスイスイと泳ぐように読める。

当たりハズレが無くどれも佳作、逆に言えば、あまり沢山読むとちょっと飽きる。現代イタリア作家の中でもっとも評価することの難しい作家と言われる異才らしいのだけれど、この奇妙奇天烈の裏に、風刺や不条理を読み取るべきなのかしらん?それともこの明るいグロテスクさをそのまま笑ってしまえばいいのかい?その割には一篇一篇の内容を覚えているなあ(私は読んだ傍から忘れていく脳しか持っていないのに)。奇妙奇天烈な顔をして案外展開とオチは単純だった。それでも何だかそれだから安心するようなオチ。ま、それでいいなら、通勤電車にはうってつけの本。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/197-57159ac5

トラックバック

コメント

[C213] 佐々木マキはぼくもファン

それだけです・・・
  • 2012-02-16 23:15
  • さかい@tadoku.org
  • URL
  • 編集

[C214] 佐々木マキと言えば羊男

佐々木マキさんと言えば、私は羊男くらいしか浮かばないけれど、あの羊男に対抗して、Blue Penguinを書いてもらいたい!
それだけです・・・・
  • 2012-02-17 00:50
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア