FC2ブログ

Entries

Nice Work

David Lodgeの「キャンパストリロジー」をすっかりほったらかしにしてた。これは3部作の最後。The campus novel meets the industrial novel が今回のテーマ。1月以来に読むので、忘れかけていたけれど、読み出したら思い出した。ああそうそう、彼の本ってこんなテンポだった。
Nice Work (King Penguin)Nice Work (King Penguin)
(1990/07/27)
David Lodge

商品詳細を見る
主人公は19世紀のIndustrial NovelとWomen's writingを専門とするRummidge Universityの臨時大学講師Robyn (これで女性の名前)。Robynの上司は、”あの”Philip Swallow。時は1980年代初めサッチャー政権時代で、大学運営はサッチャー得意のコストカットで、嫌々ながらもようやくありついたこの臨時講師のポストも危ない状態。Robynは美人だけれど、フェミニストで左寄り。話し出すとえらそーな御託ばかりで可愛くはない。
相対するは、その町のEngineering firm (っていうか、私には鋳物工場としか思えない)のManaging DirectorのVic。こちらも、えらそーに経営や製造手法を語り、頭は案外古いちょっと疎まれるタイプの男性で、実際会社は、時代遅れの重厚長大産業(バーミンガムだし・・・)のローテク会社。
政府が主導するThe Industry Year Shadow Schemeなる、アカデミックパーソンにビジネス現場を学ばせよう?みたいな企画のせいで、嫌々ながら週一度Vicの会社に行く羽目になるRobyn。このご両人、なかなか了見が狭く、まさに水と油くらい生きている世界も考え方も違う。David Lodgeお得意の出来過ぎな設定で、ある時は爆笑させ、ある時は皮肉を混ぜ、ある時は文学談義を混ぜながら展開していく。Vicの奥さんや子供たちは頭の固い父親には似合わず、自由奔放というか見事な俗人ぶりだし(格好つけても私生活は結構ドロドロというのは、Lodge先生のもう1つの得意技)、Robynの彼は同じくアカデミック分野の人だけれど、私にはノンポリにしか見えない。でもって、Robynの兄弟がバリバリのロンドンのバンカーだったりするので、これまた笑える。さらにVicの会社で働く人たちもボケ揃いで、こういった脇役たちがいるからこそ、RobynとVicの存在が生きてくる。

途中までは何だか高級Chick Litみたいだった(笑) この水と油の2人が喧嘩しながら恋に落ちる、正確に言うと妻子持ちのVicが離婚を決意するまでにRobynにのぼせ上がる。でもラブコメディーだけで終わらないのがこの本のいい所で、時まさしくサッチャー政権による民営化政策、金融引き締めとインフレの抑制、財政支出の削減、規制緩和、労働組合の解体・・・真っ盛りで、そんな時代背景が、疲弊した旧体質企業にも大学にも、随所に現れる。今回はアカデミックの風刺だけじゃなく、旧体質のイギリスvs.新興勢力(ロンドンの為替ディーラーの拝金主義)の側面もあり、かなり社会性に富んだ内容で、両極端の世界を眺める美人でフェミニストのRobynの目を通して、名脇役を駒に使いながらそれらが描かれる。

ドタバタ的要素はあまりなかったけれど、最初は登場する人たちがみんな鼻持ちならないか、阿呆にしか思えなかったのに、最後は何だかみんながカワイイ奴らになってしまう(そして何だかみんながちょっとだけ幸せになる)。そういえばあのPhilip SwallowとMorris Zappは今回は登場が少なく、特にZappはまるで ”特別ゲスト”みたいな扱いだけれど、2人の妙な友情関係はしっかり続いている模様。今回2人は何の無茶もせず、酸いも甘いも噛み分けた大御所のようだった。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/234-e7020c1a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア