Entries

釣瓶落としの先にあるもの

今月初日には残暑気分でいたのがウソのよう。木枯らし一号も知らぬ間に吹いていた。急に寒くなったわけじゃないけれど、なんだが今日は妙に寒さを実感した一日。会社は窓に近い席なので 「秋の日は釣瓶落とし」 がやたら実感できる。ま、釣瓶を井戸から落とした経験はないんだけれど、滑車がするする、とーーん、と落ちる様はちゃんと想像できる (断頭台もついでに浮ぶけれど、これじゃあ、情緒が全くない・・・)

さてそんな北風の中、家路を急ぐはずが脳裏に浮んだら最後、喰わずにはいられなくなった。去年も書いたけれど、シーズン開始していることを祈りつつ・・・

牡蠣せいろ

夜8時も回った閉店間際に店に飛び込む。期待を裏切られることなく初ものをいただき、満足このうえなし。
さて、次に制覇するは栗きんとんか。。。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/308-822d6606

トラックバック

コメント

[C334] ぼくは金曜日に

午前中最後の時間に文京学院中学校で多読授業を見学して、そこから川村へ・・・ う、うれしい!
  • 2012-10-30 11:34
  • さかい@多言語多読
  • URL
  • 編集

[C335] 伝言でした

記事のフリして伝言です。どうぞ堪能してきてください。
  • 2012-10-30 19:58
  • Green
  • URL
  • 編集

[C336] あ、そうだったのか!

伝言しっかり受け取りましたよ。
おとといくらいから心待ちにしております・・・

ありがとう!
  • 2012-11-01 22:20
  • さかい@多言語多読
  • URL
  • 編集

[C337] だってここは伝言板だから。

それに読者は若干数名だし。。。
そもそも牡蠣蕎麦の”カ”の字さえ書かずに済ませたし。。。

いよいよ、明日出会えますよ!遠足前に嬉しくて眠れない子供のようになっていたりして。
  • 2012-11-02 00:24
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア