Entries

Kindle調査

Amazon co.jpのKindle宣伝があまりにもうるさいので、じゃあ、どんな本が買えるのよ?と重い腰を上げ仕方なく(笑)調査をしてみた。英語の本を買うならJapanで買う必要はないので、私のなんちゃってKindle (for iPhone)だって事足りる。結局日本の出版社の足並みの悪さ・日和見主義(?)から、どれだけの書籍がKindle化ができるか?が問題なんだけれど、私の場合は、ニッチな海外小説とか復刻を待たれているような途方もなく高くなった古本がどれだけ放出されるのか、がキーなのよね。

調査結果は、まあ、そんなもんだよね・・・といったところ。
要はしがらみのないような古典が大半。アガサ・クリスティーやシャーロック・ホームズのシリーズ、HGウェルズ、ダレン・シャン、カフカ、ヘッセ、アポリネール、アルセーヌ・ルパンシリーズ、ユゴー、変わりどころでは森鴎外:訳の古典や宮本百合子:訳のバルザックなんてのもある。驚きゃしないけれど、ラテン文学はないね・・・

マルセル シュウォッブやG.K.チェスタートンが時折見つかるのでこれが問題。しかもマルセル シュウォッブが¥0なんて言われると・・・ちょっと心が動く(いかん、いかん)

価格は文庫本より安いかな、ってとこで、¥0の超世界名作文学もあるので、今更読むのも恥ずかしい大人たち、及び是非読んでいただきたい少年少女の皆様には是非。

私個人としちゃあ、まだまだAmazon co.jpのお世話にはならなくてよさそう、という結論。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/319-08422d48

トラックバック

コメント

[C346] でも0円なんでしょ?

この調査を【ガジェット街】【kindle小路】で紹介したいけど、それではこのブログの良さが失われてしまうねえ
  • 2012-11-30 22:28
  • さかい@多言語多読
  • URL
  • 編集

[C347] でも0円なんです

¥0に引かれて、Amazon.comからAmazon.co.jpに乗り換えそうになった(でも、踏ん張った)

このブログの良さってなんだろう(笑) 失うものは特にないような気はする。
  • 2012-12-01 03:51
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア