Entries

湿地

レイキャヴィク警察のベテラン犯罪捜査官エーレンデュルを主人公にしたシリーズの第3作目。小さな国アイスランドから誕生した社会派ミステリーが世界的ベストセラーとなり、かなり注目され、レイキャヴィックスリラーと呼ばれているらしい。なんだかやたらレビューがいいからつい買ってしまったけれど、大体においてメジャーウケするということは、大当たりになることはあまりないから、期待するのはよそっと・・・と、悪い癖のネガティブ発想から出発。でもアイスランドの作家と云われ、昔々イギリスに一時居た時、イギリスからなら近いだろうから行ってみようかなと思い、下調べをしたら北欧圏のこの国、案外物価が高くて貧乏な私は挫折したという苦い国。ちょっとリベンジをしてみたかった。
湿地 (Reykjavik Thriller)湿地 (Reykjavik Thriller)
(2012/06/09)
アーナルデュル・インドリダソン

商品詳細を見る
暗い。とにかく暗い。北極圏に片足を突っ込んでいる秋のアイスランドはもう相当寒いだろうし、いつも場面は雨ばかり。舞台は湿地。殺人事件もサブストーリーも陰湿で、あまりにもdepressingなんで、前半は途中でやめようかと思ってしまった。ところが悔しいことに、読み始めると止まらない。この止まらなさは更に悔しいことに、Shopahoicシリーズの「Mini Shopaholic」 を読んで以来かも知れない(笑)。

これは予習をせず、粗筋も読まず、何の先入観も予備知識もないまま読んだほうが正解だね。謎解きの驚きはないし、結果はエーレンデュルの推測どおりに終わるから、意外性はないけれど、殺人事件の真相やその背景がショッキングだから、一気読みは出来る。社会派ミステリーと呼んでいるのは、殺人事件のきっかけとなったのが、過去に起きたレイプ事件だったり、ドラッグ問題を絡めたり、小国アイスランド特有の遺伝子問題がキーになっていたりと、とにかく最後はどうなるのよ!と思わせるパワーと展開は凄い。

さて不満と言えば、登場人物のどの人にもあまり好感が持てないことか?主人公の犯罪捜査官エーレンデュルは年配のベテラン刑事。貧しい時代のアイスランドを知っているだけに、現代っ子の部下達とそりが合わない。そのちょっと頑なところがいいかと言うと、個人的にはそうではなく、依怙地な印象の方が強い。その部下達の愚痴も嫌味も不満も、聞いていてあまり気持ちのいいものではない。レイプされた揚句に生んだ子供をかくも愛してしまう女性たちの気持ちは正直わからない。犯人とその仲間たちの非人間的な残酷性も嫌悪だけが残る。物語に深みは与えているのだろうけれど、離婚した母親と暮らす薬物中毒の不良娘とエーレンデュルの関係の描き方もなんだか安易というか、出来すぎというか。そして犯罪捜査官にはやっぱり欲しい知性的な理論構築はあまりなく、ベテラン刑事の”鼻”みたいな勘で捜査が独断的に進む印象(エーレンデュルってそんなにエライ人なのか?)。まあ、色んなものをテンコ盛りにして、文章は簡潔で320ページ足らずだから、まどろっこしくなく展開してどんどん読めるんだけどね。このシリーズって毎回こんなにもテンコ盛りでサディステックなのかしらん??

アイスランドは人口30万人。日本だったら地方の一都市といった規模。それでも国として独立しているんだなあ、と思うと感動する。天気が1日の中で5回くらい変わるらしい(曇り⇒少し晴れ⇒曇り⇒雨⇒雷・・・)。だから1日快晴となると、みんな休業にして日光浴をしちゃうらしい(すばらしい!!)。そんなグレーの世界だからこそ、太陽が現れたときの嬉しさ、有難さは格別なものがあるはず。この作品は全篇雨ばかりだったけれど、読み終えた後にアイスランドにはやっぱり行きたくなってしまった。あ~、いつになるやら、ポルトガルにも行かなきゃ行けないし・・・
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/342-9be66691

トラックバック

コメント

[C374] これも・・・

ご当地物

ミステリー、サスペンスはみんなご当地物なのか・・・
そうなのか・・・
  • 2013-01-25 09:55
  • さかい@多言語多読
  • URL
  • 編集

[C375] まさしく・・・

お見事!この作者も同様のことを言っていた!!
ミステリー、サスペンスはご当地物こそが、ミステリー、サスペンスで、ミステリー、サスペンスはご当地物でしか在り得ない(とかなんとか、そんなようなこと)
  • 2013-01-26 01:53
  • Green
  • URL
  • 編集

[C380] どうもそういうことらしい・・・

というのは、いまはみんなにくさされる女検死官シリーズも、評判のよかったバージニア州リッチモンドから、ニューヨークへ、ボストンへ、マイアミへと舞台を替えてるんだよね。いまはご当地物の香りがないというか・・・
  • 2013-02-10 12:14
  • さかい@多言語多読
  • URL
  • 編集

[C382] Re: どうもそういうことらしい・・・

グローバル社会にこそ、ローカル色は大切だよなあ。
  • 2013-02-10 19:47
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア