Entries

ケンブリッジの哲学する猫

Philip J. Davisとは、
アメリカ合衆国の数学者。数値 解析や近似理論など応用数学分野の研究で知られており、数学史や数学の哲学にも 詳しい。ブラウン大学名誉教授。
だそう。イギリスのバリバリの象牙の塔の住人というわけでもなさそう。表紙のようなイラストが本文内にもちゃんと2色使いでふんだんにあって、これがさりげないけれど豊かな本にしてくれている。

ケンブリッジの哲学する猫 フィリップ・J・デーヴィス=作 マーガリート・トリアン=絵
cambridge.jpg

猫の名はトマス・グレイ。れっきとした雌猫。生まれは田舎の村だけれど、そこの(猫の)職業カウンセラーにケンブリッジ行きを勧められ、ケンブリッジ大学ペンブルックカレッジに住みつく。ちなみにトマス・グレイという名は、カレッジ住人一致の元、同カレッジの元住人の詩人から取られたそうな・・・ 一方トマス・グレイと相思相愛関係になるペンブルックカレッジのフェローにして、英国国教会の司祭でもある、ルーカス・ファイスト博士(ちなみに独身)は、研究上の必要性から、ヨーロッパの主要言語に加え、ラテン語、ギリシア語、アラビア語、サンスクリット語、ペルシア語、古代エジプト語、コプト語、ヘブライ語、少しのアラム語を身に付け、純粋な気晴らしから(?!)、古い英語、つまりアングロサクソン語、ゲール語、ウェールズ語、コーンウォール語などを修得し、テレビを嫌悪し、ラジオを軽視し、娯楽読み物として、『コンスタンツ公会議公式記録 1414~1418年』(ってどのくらい退屈なんだ?)を就寝前に読む・・・とまあ、浮世離れした堅物かと思いきや、”ケンブリッジに太陽が照るのと同じくらいには” 快活さを失わない人物。

さてこの後、トマスがファイスト博士の大発見の手助けをしたり、家出をしたり、家出捜索の過程で知り合った、パブ 『野兎と水門』 で働く女性とファイスト博士が結婚したり、とこれといって大きな盛り上がりのないエピソードが展開され、その合間合間に、博士やトマスの哲学的思索が語られる。物語としては、正直前半の事のいきさつやら、ケンブリッジの浮世離れした学者たちの話しとか、時々登場する決して美味そうではないディナーの話しの方が面白くて、数学の蘊蓄も、トマスが自分の人生を思索したりする箇所はいまひとつ(笑)。

とはいえ、ケンブリッジ周辺ののんびりとした風景とか、ケム川をボートで下ったり、水路や運河をデートしたりと一貫してふわふわ、ほわほわした雰囲気は何だかいい。最後にご紹介するのは、博士がトマスに聞かせていた9世紀古代ゲール語の古謡(の英訳)。
Pangur Ban, my cat, and I
Each have private skills we ply;
His is hunting tiny creatures,
Mine relates to ancient teachers.


博士だけはトマスを始終、パングル・ボーンと呼んでいた。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/384-8c062467

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア