Entries

キューリのQちゃん

いよいよ、夏野菜の季節到来。

昨日実家に行くと、この夏初物の胡瓜が届いていた。ついでに大量の玉ねぎにらっきょうも届いていた。玉ねぎは涼しいところにでも置いておくとして、らっきょうは捌かねば・・・ いただくのは、畑から直送なので、泥どころからっきょうの根も茎もついている。スーパーなんかで売られているものは、その辺りは処理済のキレイなものだけど、直送はまず根と茎を切り落とし、泥を落とし、らっきょうの薄皮を取り除き、ようやく漬け込む作業に入れる。つまり、スタートは↓の状態から。
rakkyo.jpg 甘酢に漬け込んだらっきょうたちは現在、実家の冷蔵庫で眠っている。

さて大量胡瓜をどう捌くかはここ数年課題だったが、昨年見つけた胡瓜の漬物、その名もキューちゃん漬け。これが煮豆に負けないくらいの長時間作業なのだけれど、漬物だからある程度日持ちもするし、美味しくてポリポリ、ポリポリ、消費も早いので、胡瓜は持ち帰りこの夏初のキューちゃん漬けを本日作る。

今回胡瓜5本分の材料と作業工程はこんな感じ。
① お湯をたっぷりと沸騰させ、火を止める。
② 胡瓜は半分に切り、①に漬ける。常温程度に冷めるまでそのまま放置。
③ ②を更に2回繰り返す。
④ 下記調味料を合わせて、沸騰させる。
醤油 125cc
味りん 15cc
砂糖 60g
酢 80cc
酒 25cc
生姜ひとかけ 千切り
昆布 2cm程度 はさみで細切
鷹の爪 1本
胡瓜は、太めの輪切りに切る。
⑤ 沸騰したら火をとめ、よく水気を切った胡瓜を漬け込んで、2時間放置 (時々かき回す)
⑥ これを更に2回繰り返す
⑦ 3回目の2時間寝かしが完了したら、完成

最初にお湯につける3回を端折るなら、胡瓜に塩をして10分程度放置して④から始めるのもあり。去年はそれでやっていたけれど、今日はフルバージョンで違いを見てみることにした。でも調味料に漬ける工程はやっぱり3回必要。お砂糖なしで味りんを増やすレシピもあり、それだと甘みはかなり控え目で、私は砂糖が入っている方が食べやすいので入れている。お酢好きの私はお酢は若干多め。

火を使う時間はほんの僅かで、難しいテクニックも一切不要だけれど、お湯に3回、調味料に3回、朝8時から始めても夕方になってしまうので、掃除をしながら、近所で買い物を済ませ、食事もし、本も読み、のんびり1日を過ごしたところで、ようやく完成する運びとなるから、とてもやってられないと妹には云われた(ごもっとも)。でもたった1日で、古漬けのような胡瓜に変身してしまうのだから、何日もかけて漬ける漬物と比較すれば、即食べられるというのは凄い。1回目から2回目、2回目から3回目と、調味料に漬けた胡瓜がどんどんお醤油色に染まり、そして皴々になっていく。作る過程で味見ばっかりしていたので、味は大丈夫。

完成!
Q2.jpg
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/400-2cf77643

トラックバック

コメント

[C436] 拍手パチパチ 二度したいくらいだけど・・・

写真をクリックしても大きくならないのは非常にがっかり! なんとかならないものか? 大きくして食べた気になりたいぞ!
  • 2013-06-09 23:18
  • さかい@多言語多読
  • URL
  • 編集

[C437] 修正完了。

大きくしました(但し、Qちゃんのみ)。今後食べ物ネタの写真は画像拡大できるようにしておきます。
そんな楽しみがあるとは知らなかった。拡大写真を見ると、食べた気になれるのか・・・
  • 2013-06-10 21:51
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア