Entries

ゾロ 伝説の始まり

Allendeはなんもかんも忘れて、没頭したい時にはうってつけなので、大事に取っておきたいけれど、「オックスフォード英語大辞典物語」が期待に応えてくれなかったので、文庫といえども上下巻のこれを腹いせに開く。
ゾロ:伝説の始まり〈上〉 (扶桑社ミステリー)ゾロ:伝説の始まり〈上〉 (扶桑社ミステリー)
(2008/04/25)
イサベル・アジェンデ

商品詳細を見る


ゾロ:伝説の始まり〈下〉 (扶桑社ミステリー)ゾロ:伝説の始まり〈下〉 (扶桑社ミステリー)
(2008/04/25)
イサベル・アジェンデ

商品詳細を見る
元はアメリカの小説で、何度も映像化されている人気ヒーロー「怪傑ゾロ」。私が知ったのはウン十年も前にアラン・ドロンが怪傑ゾロに扮したバージョン。確かにこんな黒装束で目を隠し、マントを翻して登場していた。今じゃゾロといえば、「ワンピース」のロロノア・ゾロの方が有名だけど、そのゾロだって怪傑ゾロのパクリでしょ。スペイン語で狐を意味するゾロ、その怪傑ゾロの前日檀として、でもAllendeが得意の独創力で(?)書き上げたのが、二十歳までの若き日のゾロ。 Allendeへのインタビューで、彼女自身も大好きなヒーローらしい。

物語の開始は1790年のカリフォルニア。まだアメリカも独立していないし、旧大陸はナポレオンが登場した時代。カリフォルニアはスペインの植民地で、白人がインディアンが支配しながらも、戦いを繰り返す、というそんな時代。ディエゴ(後のゾロ)は、スペイン人の元大尉(=白人)の大農園主を父に、インディオのシャーマンの娘で、赤ん坊の時に連れ去られ、幼児になるまでオオカミに育てられ、後に女戦士となるトイプルニアを母にこの世に誕生。そしてほぼ同時に誕生し、後に相棒となるのは、この農場主のお手伝いさんの子供ベルナルド。二人は主従関係にあるが、後々まで強い友情の絆で結ばれる。身分の違いを教え込もうとする父に対して、ディエゴはベルナルドと自由奔放な少年時代を送り、時にはこっそりと「白いフクロウ」と呼ばれるお祖母ちゃんのところに通い、インディオの神秘とスピリチュアルな世界を学んでいく。この辺りまでは、アジェンデお得意のラテンアメリカマジックリアリズム風で楽しい。この後、ディエゴは高い教育を受けるべく、ベルナルドと伴にバルセロナに渡り、父の友人の家に滞在することになるが、当時のバルセロナは、フランス軍が横暴を繰り広げる時代。そこで勉学と剣の修行に励み、その家の娘に恋をし、決闘も経験し、弱気を助け強気を挫く秘密結社の一員となり、ここで怪傑ゾロが産声を上げ形成されていく。政治的な謀略に巻き込まれ、父を失った娘ふたりと、その家のお手伝いさんとともに、逃亡することになったディエゴは、故郷カリフォルニアへ戻る。故郷の地は、スペイン人支配者の横暴ですっかり荒果て、人々は虐げられていた。そんな悪を退治する正義の味方、怪傑ゾロが再び大活躍。。。

活劇あり恋あり、海賊も登場し、悪人は滑稽なくらい嫌な奴という、波乱万丈・正統派冒険物語なので、しっかり粗筋を書いていると大変なことになるが、ゾロ二十歳までの前日檀なので、どのエピソードも健全。ゾロも二十歳じゃまだまだ若造で、颯爽とマントを翻し、覆面に鞭と剣という(でも髭は付け髭だったりする)ちょっと見た目先行型で、ゾロに変装していない時は軟弱者、若干お調子ものというディエゴなので、少女たちは恋しても私はちょっとね・・・ 読了後は、恋に恋する少年少女のラブロマンスだったという印象(文句を云う割りには上下巻を一気に読んだくせに)。要は健全すぎちゃって、もうちょっと毒とか色気とかしたたかさとか悲哀とかが欲しかったところだけれど、それはゾロ円熟期の本家本元「怪傑ゾロ」を読んだ方がいいんだろう。むしろここで膨らみを持たせてくれているのは、シャーマンのお祖母ちゃんとか、どうしても白人の階級社会に馴染めなかったディエゴのお母さんとか、スペイン人に母を殺され声を失ったベルナルドとか、時に毒舌を吐く逞しいお手伝いさんとか、ナポレオン帝政下のスペインという時代の面白さの方。

さて、これを持ってAllendeの在庫が尽きてしまった。彼女は現役だからまだ何かあるはず・・・でももう邦訳には頼れなくなってきたゾ。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/403-c2a2e82b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア