FC2ブログ

Entries

The Wings of the Sphinx

シリーズ11作目。ここまで来ると、全く気合いなどない、いや、気合いが入らない時に読む本になってしまった。
The Wings of the Sphinx (Montalbano 11)The Wings of the Sphinx (Montalbano 11)
(2010/12/10)
Andrea Camilleri

商品詳細を見る
タイトルを見て、「スフィンクスの翼」かと思いきや、これは ”Sphinx moth” なる ”雀蛾” (蛾よ、蝶じゃなく)。肩にこの蛾の刺青ある若い女性の死体が発見された。身元不明。情報提供を求めたところ、同じ刺青を持つ女性を知っているという情報がが寄せられるが、すべて死体の女性とは一致せず。と、ここから、ロシアからやってきた4人の若い女性と、闇の組織が浮かび上がる。今回は3名の右腕たちが総出で事件にあたる。今だ生まれたばかりの子供に振り回されているMimi、今回もクールなレコード(記録の方ね)調査マニアのFazio、永遠に人の名前を正しく聞き取れないCatarella。

いつも思うが、事件の真相やトリックは二の次で、今回の本題は何かというと、このところどうもしっくりこない、Montalbanoと恋人Liviaの関係。とうとう彼はMontalbano One と Montalbano Twoという2つの人格を自分で作り出し、天使と悪魔の囁きごっこを始めてしまった。電話で話しても、言い合いで終わるし、Livia の行動は不審だし、Montalbanoは浮気しちゃったし。さて終盤に来て、今度休みが取れたら連絡すると誓ったMontalbano。ようやく、ようやく、その時が来て、荷物をまとめて空港に向かうその時に、またもやCatarellaから、Oh! Chief! Chief! コールが入り、仕事に戻る羽目になる。それは今回の事件の最後のピースが埋まる事件なんだけれど、お蔭で待ち合わせの時間には間に合わず、Liviaの携帯は繋がらないし、ようやく ”俺は休むぞ!!”と大宣言し、きっと怒って家に帰ってしまったに違いないと確信したMontalbanoがLiviaの家に飛ぶ。が、そこには誰もいないし、合鍵で家に入ると携帯が置き去り。と、その時その部屋の電話が鳴り、受話器をとるMontalbano。開口一番 ”あ~そーだと思った、絶対そーだと思った。馬鹿で間抜けなあなたのことだから、絶対私の家に向かったはずだって!!!” そしてLiviaはシチリアのMontalbanoの家にいた。そしてまたもや二人は大喧嘩の言い合いを始める。”いっつもあなたがすべてぶち壊すのよ!!” こうやって明るく激しい大喧嘩をして、元の鞘に収まるんだなあ。。。

本筋から外れついでに、永遠に名前を正しく聞き取れないCatarellaを三連発。

"Ah!, Chief, Chief! I hadda go all yisterday witout seein' yiz!"
"Did you miss me? You're gonna see so much of me the next few days, you'll probably get sick of me."
"I never get sick o'you, Chief!"
A proper declaration of love. Uttered by anyone else, it would have been, at the very least, embarrasing.

"Chief!, that'd be a Mr. Mallita."
"Ask him what his name is."
"Chief, I jess tol' you what 'is name is."
"Ask him anyway."
The inspector heard some muttering in the background.
"I's wrong, Chief. 'is name is Spalitta."
He was one L short, but the inspector was satisfied, perfection not being of this world.

"Do you know what his name was?"
"Fazio tol' me, but I can't remember now... Wait... Whass a blue stone called?"
A fine time for a quiz!
"I dunno, Cat. A sapphire?"
"Nossir."
"Amethyst?"
"Nossir, sounds like fusilli."
"Lazuli? Lap-"
"Ass it, Chief! Mr. Lazuli was killed."

ちなみに殺された男は、Lapisであった。。。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/438-a92c80f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア