Entries

第4の書が出る?!

もうかれこれ数年前、これにははまり三冊一気読みした「Millennium Trilogy」。600ページ以上あると日本語だって恐れをなして、後回しにするけれど、これは残りページが減るに従い、読み終わるのが惜しいとさえ思えた程。著者のStieg Larssonは4冊目以降を計画していてシリーズは続くはずだったのに、残念ながら急死。終わったような終わっていないようなこのシリーズは永久に封印されたのかと思いきや、こんなニュースを発見。

Fourth Book In 'Girl With The Dragon Tattoo' Series Planned With New Author

このNew Authorというのが微妙なところだが、Lisbeth Salander と Mikael Blomkvist が登場することは当然だろうから、何とも悩ましいところ。 Stieg Larsson の残した構想は引き継がないというけれど、独自の道を切り開くとしても、プロットがオリジナルになることはあっても、二人のキャラクターは引き継がれるはずだし(いきなり陽気なLisbeth が登場するわけでもなし)、舞台はやはりスウェーデンだろうし、何をどう期待していいのやら・・・

おっと、スウェーデンで2015年8月刊行予定というから、これから書き始めるってことなのか?とりあえず、家族の承認を受け、出版社側はノリ気で発表?更に英語版が登場するのを私は待つわけだから、予定どおりいったとしても2年後の話ね・・・ 悩む時間は一杯ある。

The Girl with the Dragon Tattoo (Vintage Crime/Black Lizard)The Girl with the Dragon Tattoo (Vintage Crime/Black Lizard)
(2009/06/23)
Stieg Larsson

商品詳細を見る

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/468-238b39bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア