Entries

2013年 ひとり総括

今年もひとり総括の時期となりました。。。お疲れモードなので、とりとめもなく列挙。

とりあえず、読んだゾ、読んだゾ、シリーズもの、ということで、きっと今年一番読んだのはこれだろう・・さすがにタイトルだけだと、もう内容は想い出せない。
ジーヴスシリーズ ⇒ 「比類なきジーヴス」 「それゆけ、ジーヴス」 「よしきた、ジーヴス」 「ウースター家の掟」
Montalbanoシリーズ ⇒ 「The Terra-Cotta Dog」 「Excursion to Tindari」 「The Scent of The Night」 「Rounding the Mark」  「The Patience of the Spider」 「The Paper Moon」 「August Heat」 「The Wings of the Sphinx」 

あ、こんなシリーズものにも手を出したんだった。
顎十郎シリーズ ⇒ 「顎十郎捕物帳01~捨公方」 「顎十郎捕物帳02~稲荷の使」 「顎十郎捕物帳03~都鳥」 「顎十郎捕物帳04~鎌いたち」 「顎十郎捕物帳05~ねずみ」 「顎十郎捕物帳06~三人目」

マリオ・バルガス=リョサもかなり読んだはず。ハズレがないんだな、この人の作品。
「楽園への道」 「継母礼讃」 「悪い娘の悪戯」 「パンタレオン大尉と女たち」 

ハズレがないと云えば、この方もない。この2冊の復刻版にはかなり満足
「ピサへの道」 「夢みる人びと」

シュールリアリズムは陳腐になりかけそうだったけれど、これは凄かった。
「類推の山」 

そして変わらず好きなチャトウィン
「どうして僕はこんなところに」 「The Songlines」

新たに発見したイタリア作家、Stefano Benni
「海底バール」 「聖女チェレステ団の悪童」

とまあ、こんなところだろうか?大賞は考えていると来年になってしまいそうなので、割愛。今年私が偉かったのは、若干喰わず嫌いを直して、日本の作家に目を向けたってことだろう。さて、満杯の本棚に対して抜本的な対策も打たず、借り物のような小さな棚を追加して誤魔化始めた。半年に一度くらいは古本カフェに持込み、お引き取りをお願いしてるが、焼け石に水。とはいいながら、未読本をつらつらと眺めつつ、なんだかニヤニヤとしてしまうなあ。

本年はここまで。明日は実家に戻り、おせち作りと大掃除というハードな年末。
では、皆様、よいお年を。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/471-6877d409

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア