Entries

A Reading Diary

「奇想の美術館」 を読んで、勢い込んで買った本にようやく到着。あ~難しかった。
A Reading Diary: A Year of Favourite BooksA Reading Diary: A Year of Favourite Books
(2006/08/31)
Alberto Manguel

商品詳細を見る
カルガリーを旅行中に、1ヶ月に1冊、既に読んだ本を再び読み返し、それを日記として記録しようと思いつき書いた本がこちら。4冊既読があるのは我ながらスゴイ。もしやこの大家と好みが似ているのか?いやいや、読んだ本の量が違い過ぎるので、それは思い上がりというものだ。

6月 The Invention of Morel (Adolfo Bioy Casares) 「モレルの発明」 アドルフォ・ビオイ=カサーレス  
7月 The Island of Dr. Moreau (Wells) 「モロー博士の島」 バート・ジョージ・ウェルズ
8月 Kim (Kipling) 「少年キム」 ラドヤード・キップリング‎
9月 Memoirs From Beyond the Grave (Chateaubriand) 「墓の彼方の回想」 フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン 
10月 The Rule of Four (Doyle) 「四つの署名」 アーサー・コナン・ドイル
11月 Elective Affinities (Goethe) 「親和力」 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
12月 The Wind in the Willows (Kenneth Grahame) 「たのしい川べ」 ケネス・グレーアム
1月 Don Quixote (Cervantes) 「ドン・キホーテ」 セルバンテス
2月 The Tartar Steppe (Dino Buzzati) 「タタール人の砂漠」 ディーノ ブッツァーティ
3月 The Pillow Book (Sei Shonagon) 「枕草子」 清少納言
4月 Surfacing (Margaret Atwood)
5月 The Posthumous Memoirs of Bras Cubas (Joaquim Maria Machado De Assis) 「ブラス・クーバス死後の回想」 マシャード ジ・アシス


彼は少なくともプロフェッショナルとしては「書く人」であるけれど、「読む人」としても同じくらいプロフェッショナル。Diaryと題しているだけあり、これは単なる感想文でもなく、プロの書評や批評だけということでもなく、彼の日常の些細な出来事もあり、旅先の記録もあり、そしてアルゼンチンでの自分の子供の頃の回想もあり、その頃起きていた社会的事件も含み、取り留めなく、まさにDiaryだった。書かれたのは、9.11直後で、アメリカのイラク侵攻に触れている箇所も多い。

読書記録なら、私だってこのブログを始めた動機と一緒だ。批評家でもない単なる本読みがつける記録に良いも悪いもないのだが、やはりどこかその「本」の粗筋だの主題だのに縛られて書いていることは多い。でも本を読むということは、本来読者が主体になればよいのであり、書いた作者の意図から外れようが、それに沿う必要はない。その時の自分の取りとめのない思考、つまり本を読んでどこに思考が飛ぼうが、それは読者の好きにすればいいのであって、だからこそ、読んだ本は、読んだ人のものになり、人生の一部にだってなってしまう。・・・ってことを再認識させていただいた。Manguelの思考の飛び方は、それはそれは私と全く違うくらい、違うもので、ネットでつらつら眺める書評は、そういえば、それほどの ”ズレ” は感じない。書評ってやっぱり、粗筋と主題解説だったのね。そのズレはまあ、いいとして、日常描写はまあまあ、スラスラといくのだが、彼の思索に入った瞬間、あ~難しい。これは英語が難しいのか、私の記憶が薄くてついていけないのか、いや、やっぱり、そういう英語は難しいのね (それに比べれば、仕事の英語ってワンパターンで楽チンだわ)。

4冊既読と威張っている場合でなく、その4冊の記憶の薄さに今さらながら驚いた。再読って大事。とその前に、この本も再読リストにいれた方がよさそうだ。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/475-671d95df

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア