Entries

The Potter's Field

シリーズを読み続けているBoschとMontalbanoが最近ごっちゃになることがある。まったく違うタイプの刑事なのだから、混乱するはずはないのに、どうも私の脳みその中では二大巨頭になっている。お馴染みシチリアの旨い物尽くし、グルメなMontalbano、かたや硬派なくせして、朝メシはこてこてドーナツ、ジャンクフードに頼り切っているBosch。Boschは実はどこかの巻からか全面的に禁煙を貫き、今に至る。一方Montalbanoは好きなだけプカプカやっている。で、両者に共通するのは、コーヒー。コーヒー無くしては、一日が始まらない。
The Potter's FieldThe Potter's Field
(2011/09/27)
Andrea Camilleri

商品詳細を見る
ダラけたい時に読む本だったこのシリーズだが、今回は珍しくページをめくる手が止まらない。偉大なるマンネリズムでいいのよ・・・とすっかり水戸黄門並みに格上げしてあげたのに、これはシリーズ内で上位のランクを差し上げる。

さて、出だしはいつもながら彼の目覚めのシーンから始まる。今回は彼が見ていた悪夢(?)。そしてその悪夢からの目覚めの後にAh!, Chief, Chief! と彼を呼び出すのはCatarella。死体発見。FazioとMimiが既に行っている死体発見場所に、MontalbanoとCatarellaも向かう。陶芸用の粘土を採掘するというその場所で、手足胴体が切り刻まれて、ゴミ袋に詰め込まれた死体を、どしゃぶりの雨と格闘しながら引っ張りあげる。身元は全く不明。一方署内はというと、最近むっつり状態のMimì Augello、仲間うちでも浮いた存在になっており、署内の雰囲気は最悪。奥さんには、Montalbanoの命令で夜間業務ばかりで疲労していると嘘をついていることがわかる。そこで彼の素行調査を スウェーデン人の女友達Ingridに依頼すると、彼女の報告はなんと、Mimiが奥さんを裏切って浮気をしているという。 さて切り刻まれた身元不明死体の事件は進展しない中、とびきり魅力的な南米出身の女性 Doloresが署を訪れ、船乗りの旦那が行方不明だと云う。その旦那はマフィアの大ボスと浅からぬ関係らしい。さあて、この行方不明の旦那と、やたら魅力的な妻、そしてむっつりMimiと、マフィアの大ボスが殺人事件とどう関わっているのか???

the potter’s field, to bury strangers in

キリスト教世界では、皆すぐにピーンと来るんだろうが、私は物語も中盤になって偶然にもようやく知ったキリスト教は、ユダの裏切りのエピソード。そもそもPotter's Fieldとは無縁墓地のことで、その言葉の由来が、『マタイによる福音書』にあるユダの裏切りの有名な(私は知らなかったけど)エピソードなのですね。。。 銀貨30枚でイエスを祭司長に売り渡したユダは、でも後悔し、銀貨30枚を神殿に投げ込むと、自らは首を吊って死んでしまう。その30枚の銀貨は血の代金であるため、司祭たちは神殿の収入にはせず、陶器職人の畑を外国人墓地として購入する資金とした。これがPotter's Fieldの由来。

ほお・・・・とこのエピソード知った瞬間にこの「The Potter's Field」は私の中で、眠りから覚めたように生き生きとし始めた。というのか、話しの中のモヤモヤが一気に晴れ、そこから読書は加速した(要は英語の問題じゃなくて、こういう背景を知っているか知らないかなのよねえ・・・)。

歳をとって疲れた、、、ばかりを強調するMontalbanoの今回の作戦は、Mimiにこの殺人事件の捜査の全権を委譲するというもの。その裏で、最近得意にやっている、自分がもう一人のMontalbanoに語りかけるという何やら摩訶不思議な自問自答を繰り返し、一人あっちこっちに連絡し、遠出の出張もこなし、やっぱり捜査をしている。Fazioだけには、小出しに情報を伝え、でもMimiには絶対に内緒だと念を押し、犯人からその動機から結局すべてを解明してしまう。彼の真意は最後の最後にようやくわかるから、小出しにされ、山のような疑問を抱えたままMontalbanoに従うFazioと同じ気持ちになって、私も結末を急ぐ。犯人をあげることも大事だが、憎まれ口をたたき、最近言い争いばっかりのMimiだが、それでも可愛い部下をどうやって傷つけずに救い出すか? 彼は食欲減退気味になりながら悶々と考える。そして、最後はさりげなくでも無事に決着させてしまったのである。

これだけ人の気持ちに敏感で繊細なMontalbanoが何故、いつも恋人のLiviaに対しは、下手な言い訳をすぐに見破られ、ガチャンと電話を切られてしまうんだろう?
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/531-6922c54e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア