Entries

社内用語集

会社には、その会社内で使用される固有名詞か?と思われる単語や、エライ人が鼓舞激励する(要は、もっと売れ!という命令)文章にやたら出てくる単語などがある。私の場合は仕事で英語といっても、本社が必ずしも英語圏ではないことの方が多いので、非英語圏の場合は、日本語英語が存在するように、イタリア語英語?ドイツ語英語?と思われるものもあったりする。またお作法的な部分も微妙に違ったりして、転職するとその会社特有用語・作法に慣れなければならない。

この2週間で出会った社内用語はまだ少ないなあ。。。(今回は少なそう)
SMS = Salesman Sample これって一般ビジネス用語だったのか??
Workbook = 学校で使うような問題集じゃないことはわかったけど、これが何かと思ったら、社内用商品カタログみたいなもので、発注作業段階で作成、使用されるものだと判明。

過去在籍していた会社をつらつらと思い起こしてみると;
メールで相手をどう呼びかけるか?
   Dear+First name
   (Dearなし)いきなりFirst name アメリカ人に多いかな?
   慣れても律儀にMr/Ms+Second name. ドイツではDr.がどうもステータスが高いのかDrもあった。
   xxxx-san という日本語の ”さん” をつける方法。最近世界的に人気急上昇中
メールの最後の締め
   Best Regards まあ、ほとんどはこれ。
   Regards アメリカ人は多い気がする
   Kind Regards 英語圏は使うかな?
   Thanks! 軽めのときは、これで済ますのもあり。
   Remain at your disposal あまり最近は見ない。以前はフランスからのメールでよく見た。
お願いするときの文章
   Could you がやたら好きなところ(これは非英語圏が多い気がする)
   Please let me know, Please let me have などの「let me」系が多いところ
   Please advise と「Advice」が好きなところ。硬目なメールで私は使う。
過去関わってしまった社長たちの口癖
   Strategically  あんまり口にするものだから、重みが段々薄れて”戦略的に!”という教えは頭を
             素通りするようになった。
   Cosmetic  日本人以上に細かいヤツで、最初に、”Cosmeticなことだけど・・・ ”と言い訳して
           重箱の隅をつつく。
   Mindset  要は「意識改革」ってことだったんだけど、言われても仕方ない会社だったなあ・・・

てな感じで、すっかりプータロー体質になってしまった心身に鞭打って日々働いてます。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/54-a9691e65

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア