Entries

追悼:George Kennedy

アメリカの俳優George Kennedyが2/28に亡くなっていた。満91歳だった。

私にとっては”ああっ” な出来事なのだ。いや、特段ファンとかでもないし、出演していた映画をすべてみたとかじゃない。唯一の小さな思い出が、かれこれ25年位前にイギリスにいたとき、そこで知り合った同い年の日本人とよく映画談義などをしていた。前後の話は覚えていない。が、お父さんにするなら誰がいい?という話しで、私はGeorge Kennedyとかいいよね・・と云ったのだった。そしてその友達がうんうん、と同意してくれたことを覚えている。今も昔もアメリカならともかく、George Kennedyのお父さんを同意してもらえるのは、ちょっと驚きだと思う。そしてその驚きは嬉しい驚きであり、その友達はお互いに日本に返り、愛知に暮らす彼女とはしょっちゅ会うわけではないが、今でも友達だ。年賀状だの誕生日だのはメールをやりとりし、歳も一緒なので自らの健康だの、親の世話だの共通な悩みもある。

George Kennedyの話だった。「暴力脱獄」やエアポートシリーズ、「ナイル殺人事件」なんかは見たな・・・ 主演を張る人ではない。名脇役なのだが、私の印象はいつも何かの映画にでている役者だった。身長193cm、幅もありそうだからかなり大きな身体なのに、どこに置いてもうまく収まる。存在感があるのにでしゃばることもない。お父さんに当てはめると、決してカッコイイお父さんでもなく、お洒落なお父さんでもなく、現代的でものわかりのいいお父さんでもないのかもしれない。いやむしろちょっと古風で頑固で愛想はあまりいい方ではなかったり(と、勝手に妄想する)。だが、そこにいてくれる有難さが私のお父さん像にマッチしたのだな・・・(その若かりし日には)

George Kennedyの存在とともに、George Kennedyを理想のお父さんとして納得してくれたその友人の存在も大事なものだ。
そして彼はこんなお爺ちゃんになっていた。ご冥福をお祈りします。
george kennedy.jpg
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/669-beb2148e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア