Entries

Bob

驚きの2016年ノーベル文学賞受賞。
本日になって、イギリスはThe Guardianのこんな記事を読んでみた。
Nobel prize in literature won by Bob Dylan – as it happened

Sara Daniusはスウェーデン王立学士院の会員で美学研究で知られるソーダトン大学教授だということ。一問一答をまんまコピーしてみた。
Q: Does BD really deserve the prize?
Danius: Of course he does, he just got it. He is a great poet. He is a great poet in the English-speaking tradition and he is a wonderful sampler, a very original sampler, he embodies the tradition and for 55, 54 years now he’s been at it and re-inventing himself constantly. Re-inventing himself creating a new identity. 

Q: Have you talked to him today?
Danius: No, I haven’t. I will afterwards.

Q: He’s not a person who is nice and smiley when he gets awards. That doesn’t worry you?
Danius: No, I think I have a good message.

Q: Do you have personal favourites among his songs?
Danius: I think if you want to start listening, or reading, you may start with Blonde on Blonde, the album from 1966. You’ve got many classics and it’s an extraordinary example of his brilliant way of rhyming and putting together refrains and his pictorial thinking.

Q: He’s not written novels, not poetry in the usual sense, you have widened the horizon.
Danius: It may look that way but really we haven’t in a way if you look back, far back, 2500 years or so, you discover Homer and Sappho and they wrote poetic texts that were meant to be listened to. They were meant to be performed, often together with instruments, and it’s the same way with Bob Dylan. But we still read Homer and Sappho and we enjoyed it [sic], we enjoy it and the same thing with Bob Dylan he can be read and should be read and he is a great poet in the English tradition, in the grand English poetic tradition.

Q: Do you think there will be criticism against this prize?
Danius: I hope not [smiles].

Q: When you were young and into pop rock music, which I guess you were, did you listen a lot to Bob Dylan?
Danius: Not really, but he was always around, so I know the music. I’ve started to appreciate him much more now than I did. I was a big David Bowie fan. Perhaps it is a question of generation, I don’t know. But today I’m a lover of Bob Dylan.

Bob Dyranの何を知っているかと云われると何も知らないに等しい私が云えることといえば、私にとって未知なる作家を知る機会をそがれたこと、この楽しみは今回奪われてしまった。本屋さんにとってのかきいれ時である文学賞は、レコード屋のかきいれ時に代わり、ちょっと可哀想な気もする。
そして、きっと多くの人が感じたことは、ミュージシャンであると思っていた彼が、詩人として評価されるということ、そしてそれは本という作品ではなく、語りや音楽とともに発せられる声によって発表されるものだということ。Sara Daniusは2500年前のホメロスの例を挙げているが、「語り」という手法もひとつであるのかも知れない。だとすると、文学とはいったい何ぞや?ということになる。

アメリカからはここ数十年ノーベル文学賞受賞者は出ていない。それに対してアメリカ国内で批判の声もあったようだが、ノーベル文学賞は政治色やら思惑やらがあるような、キナ臭い感じが案外面白かった私には、Bob Dyranが今年受賞する思惑ななんなのだろうと下世話なことを考えてしまう。かといって、今後ノーベル文学賞がずっと所謂象牙の塔の住人のような作家を排除するわけでもないだろうが、本読みとしては、狭い文学の世界に限定してくれる方が、実は楽しいんだけどね。。。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/710-e403242c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア