Entries

柚子づくし

冬と云えば柚子だが(笑)、気づいたら冷蔵庫の中が柚子だらけになっていた。
ぶらぶらと歩いていると、柚子の木はよく目にする。実がたわわに実っていると、この家は使わないのかな?取れすぎてうんざりしているのかな?だったら下さい!と頼んだら、喜んでおすそ分けしてくれるだろうか?とか、いつも考えてしまう。みかんと違ってそのまま齧るわけにはいかない柚子は、ふんだんに庭にあると、確かに捌ききれなくなるのかもしれない(柿もそうか・・・)

見知らぬお宅に柚子をねだるまでもなく、ウチの柚子バリエーション4型は、全部いただきものだった。

yuzu 1  この冬最初は、写真左の柚子マーマレード。これは庭の柚子が捌ききれず配り歩いていた知り合いから、大量にもらい、マーマレードは4瓶できてしまった。
次は写真右。妹に柚子貰ったから作った!といって貰った砂糖漬け。砂糖につけただけなので、フレッシュだが甘さ控えめで柚子茶にはならず、ヨーグルトに入れて食べている(そのまま舐めてもかなり美味しい)。

yuzu 2 さて、2番目が柚子茶に向かないので、さらにいただいてしまった柚子を自ら砂糖漬けにした。これはたっぷりの氷砂糖につけたので、お湯で割ると柚子茶になる。酸っぱくて甘くて、一杯飲むと満足感がある。崩れた身も皮もムシャムシャと食べきっている。

yuzu 3 獅子柚子 
そして、また柚子をもらった。今度は鬼柚子(獅子柚子)というドデカイ柚子。存在は知っていたが、何じゃこれ?と思いながら手をだしていなかったら、ピールにすると美味しいよ。。というので、柚子ピールを作ってみた。デカい図体に似合わず、中身が少なく、皮の下にある綿がやたら多い。柑橘類の綿は苦いのだが、この獅子柚子の綿は苦みがほとんどなく、厚い綿があるおかげで美味しいピールになるのだそう。自家製なので、柔らかく、甘さも程よく控えめで、お上品にお茶うけに出せるようななかなかステキなピールになった。ピールなんていう洋風の名前を冠しているくせに日本茶がよく合うのだな・・・

新製品となったピールがなかなかのもので、ちょっと嬉しい。おうちカフェというか、独りカフェが柚子ばっかりの冬である。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/728-11d14e21

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア