Entries

ガラスの国境

水声社はアマゾンに反旗を翻し、おかげでフィクションのエル・ドラードは総崩れに近い。決してアマゾン贔屓になるつもりはないのだが、ポチポチとしてしまう手に反して、脳みその中では、水声社を応援している。

4891769564ガラスの国境 (フィクションのエル・ドラード)
カルロス フエンテス Carlos Fuentes
水声社 2015-03

by G-Tools
ガラスの国境

さて、ちょっと間があくと、いつも存在が曖昧になってしまうCarlos Fuentes。「老いぼれグリンゴ」を読んで、結構気に入り、「誕生日」を読んで撃沈し、「フエンテス短篇集」で復活し、やたら重い「澄み渡る大地」はほったらかしたまま、この本に手を出してみた。そして期せずして、トランプのメキシコ叩きの最中にこの本を読むことになってしまった。カルロス フエンテス が存命中であれば、彼は一石を投じるべく、本を一冊書き上げてくれたかもしれない。

首都の娘
痛み
略奪
忘却の線
マキラドーラのマリンツィン
女友達
ガラスの国境
賭け
リオ・グランデ、リオ・ブラーボ

一見短篇集のようだが、登場人物があっちの篇にも登場したり、こっちの篇二も登場したり、押しては引いて、引いては押して、緩くつながりあう連作9篇は、アメリカとメキシコ国境のリオブラボーのようだ。9篇をこんな風に構成するというのは、なかなか面白かった。

メキシコをラテンアメリカのくくりの中に入れると、ちょっと違和感がある。今更”そもそも論”をぶり返しても仕方ないのだが、メキシコ領土を略奪したことから、愛憎混じる両国の戦いは始まることは事実。愛憎なんだなあ、と思ったのは、今回が初めてだ。まあ、愛は大袈裟かも知れないが、憎しみと同じくらいの憧れもそこにはある。憧れが強いから妬みも半端ではない。

リオ・グランデの北、
リオ・ブラーボの南、
言葉よ、翔べ、
哀れなメキシコ、
哀れなアメリカ合衆国、
これほど神から遠く離れ、
これほど隣り合っているとは


『ガラスの国境』のフエンテスは、極めて社会的で、これでまた私のフエンテス像が曖昧になってしまった。彼の本は、テーマは一貫しているのに、浮き沈みが激しい気がするのは気のせいか?
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/733-e76fbf78

トラックバック

コメント

[C494]

そうなんですか。水声社はAmazonとはバツバツですか。
私もフィクションのエル・ドラードシリーズ好きです。装丁とか。でも、総崩れって???
フエンテスってどこか、諦観の境地的な感じ。なんか好きと思う時と、何でそんなつまんないことを言うの?みたいに感じる時とある気がする。きっと読み手側の心境によって読むたびに違う印象になるのかな。
  • 2017-02-21 22:59
  • mAr
  • URL
  • 編集

[C495]

そうなんです、バツバツです。水声社だけではないのですが、中小出版社が集まり再販制度を無視した実質値引きに抗議して、扱われなくなりました。出品者からの古本はありますが、写真もないし、なんだか心なしか高止まりしている気もする。

フエンテスって、実際にムラがあるという評論家の方の意見もありました。大御所作家と云えども人間だし、そういうことがあっても不思議ではないし。私はやっぱりメキシコっていうところがまだ馴染めていないのかなあと思っています。他のラテンの作品って社会情勢にちょっと疎くても、奇想天外な面白さで読めてしまったりするけれど、メキシコとアメリカの関係は、どうしても実感が持てないし、温度感が理解できないのかなと・・・



  • 2017-02-24 13:18
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア