Entries

字余りなんだよなぁ・・・

本日村上春樹氏の新作『騎士団長殺し』が目出度く、そして大々的に発売になった。喰わず嫌いを標榜する私が、大ベストセラー作家なんて恥ずかしくて読めない(笑)。と云いつつも、1980年代くらいまでの彼の作品は読んでいる、でその後ストップ。今後買ってまでは読まないな、でもタダで読めるならこっそり読んでしまうかもしれない。

小田原駅の駅ビルの本屋にちょっと立ち寄ったら、いきなり正面の平台が全部『騎士団長殺し』だった。そんなもんだろうから、そこには驚かなかったが、開店時間を繰り上げて発売を開始したなんていう東京の本屋さんのニュースは、やっぱりそれは東京だけでしょ・・・小田原だったら今日でも明日でも、問題なく買えますよーーーとすっかり地方都市の人間らしい感想をもった。

確かに今どき初版130万部、さほど宣伝も不要で置けば売れる本なんて、出版社と書店が狂気するのももっともだ。私が手に取る本なんて、まあせいぜい2000部ってとこ。新刊書店に並ばぬ本も多々ある。何でも『騎士団長殺し』の大量出版のため、他の本が通常には配達できないなんていう、とんだとばっちりまであるそうな。。。作家本人の意向は謎だけれど、村上氏はこのお祭り騒ぎには関心はないのだろうか?

と、私が云いたいのはそんなことじゃない。
騎士団長殺し ⇒ きしだんちょうごろし
なんだか云い難い。要は字余りなんだな。
騎士団殺し ⇒ きしだんごろし これで7字でスッキリする。
日本語はやっぱり七五調のリズムがいいと思うんだけれど、そのあたりを村上氏は考えなかったのだろうか?

きしだんちょうごろし・・・ やっぱり字余りだ。村上氏の新作のニュースが出てからずっとこれが云いたかった。
字余りなんだよなぁ・・・
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/736-c7aa8030

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア