Entries

ペガーナの神々

「二壜の調味料」を読んで気づいた、ダンセイニといえば、これ!というのが、「ペガーナの神々」らしいので、早速。翻訳はあの荒俣宏さん。ただTVに出ているオジサンではないことは知っていたけれど、この独特のファンタジーに心酔して日本語に作り上げるということは、尋常じゃない。原文がどうであったかは定かではないけれど、ダンセイニの世界を表現することは単なる言葉/翻訳技術の問題ではないと思う。

415020005Xペガーナの神々 (ハヤカワ文庫FT)
ロード ダンセイニ S. H. Sime
早川書房 1979-03-13

by G-Tools

この世が始まる前に〈宿命〉と〈偶然〉が賭けをして、その勝者がマアナ=ユウド=スウシャイに話しかけた――「わしのために神々を創ってもらおう」。こうして創られた神々が、手なぐさみに〈世界〉を創り、人間を創った……。

実は、半分までたどり着いたところでもう一度最初から読み直した。小難しい話しではないのだろうが、ダンセイニの世界に全然ついていけなかった。彼の故郷アイルランドのケルト神話が下敷きになっているらしいが、ケルト神話をググったところで何の役にも立たなかった。キリスト教的世界観と八百万の神を持つ日本の神話を頭から一旦取り外さないとダメだと思いながら、どうにも変な既成概念が邪魔をする。ということで、仕切り直したわけだ。

マアナ=ユウド=スウシャイはヒエラルキーのトップにいることはわかるが、彼(も彼女もないんだろうなあ)は、自らが作り出したスカアルの太鼓の音を背に眠りについてしまう。マアナの眠りは、スカアルの太鼓の音が止まる時まで続く、つまりスカアルの太鼓の音が鳴りやんだとき、終末を迎える。マアナ=ユウド=スウシャイを目覚めさせないよう、声は使わず、手で話をする。この世は(人の世というものは)マアナ=ユウド=スウシャイの一瞬の夢の出来事で、夢から覚めたら世界は終わる。そしてまたサイコロを振るような曖昧さで、世界が始まる。嗚呼、私の想像力を超えている。そもそも初めが、”この世の始まる前”のぼんやりとした薄明りの情景で、そこから曖昧さが始まっているではないか。

マアナ=ユウド=スウシャイがペガーナの小さき神々を作り、どうもそのヒエラルキーの下に地霊たちいて、人間の預言者がいて、地球上に生きる普通の人間がいるらしい。で、マアナ=ユウド=スウシャイに神を作れと云った、《宿命》と《偶然》って何なのだろう?マアナ=ユウド=スウシャイは眠っているので、物語にはほとんど登場しない。ペガーナの小さき神々にしても、人間臭さ(?!)もキャラクターもなく、ぼんやりとしている。ぺガーナの神々、世界をつくり、生や死や時を司り、そして時は常に中心にあり、その前にも後ろにも同じものがある。人の世界にとって永遠とも思われる時間は、神々の世界においては、一瞬の戯れ時間に過ぎない。万物に宿る神をおあしますここ日本の神様は、どうも人間臭いが(七福神を今、頭に思い描いている)、ぺガーナの世界において、人と神の間には絶対的な隔絶がある。そしてマアナ=ユウド=スウシャイと彼がつくった小さき神々たちの間にも絶対的な隔絶がある。人々は神々たちに祈りを捧げるが、常にそれはマアナ=ユウド=スウシャイを除く、神々たちへの祈りだ。

日常の些末なことに気を病んでいるような時、この世界も地球も宇宙も超越した原始の物語は、ふうーと力を抜かせてくれる。ちっぽけな人間でもいいのかも知れないなあと。

稲垣足穂がダンセイニに触発されて「一千一秒物語」を書いたという。そういえばこの本、家にあった。知り合いが「あなたが好きそうな本」だと云って押し付けたが、昔の新潮文庫で、黄ばみもさることながら、字が小さくて敬遠していた。が、こんな繋がりを無駄にしてはいけないな、と思いつつ、その古い古い(でも昭和40年代刊行)の文庫本を手にしてみた。 定価¥160だって。今文庫本といえども、¥1,000位するよなあ、と感慨にふけってみた(それがオチか?)
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/739-3230e0a0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア