Entries

クリロフ事件

また未知谷のTwitterに踊らされてしまった。
イレーヌ・ネミロフスキー、Irene Nemirovsky (1903~1942) 旧ロシア帝国、現在のウクライナのキエフ生まれ。10代前半、革命時パリに亡命。42年にアウシュヴィッツ収容所にて死去。彼女の死後60年以上経過してから、遺品の中から発見された未完の大作『フランス組曲』が有名。この本は聞いたことがあった。ところでこの表紙の写真はどこなのだろう?

4896424409クリロフ事件
イレーヌ ネミロフスキー Ir`ene N´emirovsky
未知谷 2014-05

by G-Tools

帝政末期のロシア、革命家でテロリストのレオンMが遺した回想録という設定。レオンの暗殺ターゲットとなったのは、教育相クリロフ。残忍で冷酷な権力者であったクリロフは「シャチ」というあだ名を持つトップクラスの高官である。レオンはシベリアで政治犯の両親の元に生まれ、父の死後スイスへ移住、10歳で母も亡くなり、「革命委員会」の手により育てられた”生まれついての党員”だった。委員会からの指令を受けて、サンクトペテルブルクにあるクリロフの家に身分を隠し、医師として住み込み始める。

幼い頃から革命家組織で生きてきたクリロフは、抽象的な世界「ガラスの檻」で生きてきた。主義や情熱で革命に身をささげたわけではなく、その世界しか知らずに育った。権力欲というものはあるのだが、革命そのものに対しては醒めた目を持っている。クリロフは肝臓癌を患っており、激痛に耐えながら職務を続けている。彼の妻(2番目)は元酒場の歌手をしていたため、皇帝夫妻から嫌悪と侮蔑を受けているにも関わらず、一途に愛し続けている。敬虔で生真面目で不器用、時として臆病な顔をのぞかせるクリロフと接する内に、レオンは「初めて人間というものを見た」と云わしめるほどのシンパシーを感じ始める。しかしそのシンパシーとて、愛憎入り混じる複雑な感情だ。クリロフの冷酷さとどうしようもないほどの人間臭さの両方が無理なく描写されているが、帝政末期ロシアを舞台にした壮大な大河ドラマに仕立てない、というのが、ネミロフスキーのスタイルなのかもしれない。

やがて権力の座から引きずり降ろされたクリロフだが、それでも革命委員会はレオンに暗殺決行を命じた。暗殺中止を叫ぶレオンの声は聞き届けられず、暗殺は決行される。躊躇したレオンに代わり、実際に手を下したのは、彼の同僚だが、彼女がやっていなければ、自分がやっていただけだ。。。

150ページ足らずの短い話しだったし、短いとはいえ、ずっと続く緊張感とストーリーの面白さであっという間に読める(途中でやめたくないタイプの本)。初イレーヌ ネミロフスキーは十分楽しめたし、もう少し読んでみたいと思わせるが、まだ好きも嫌いもよくわからないのが本音。難を云えば、ちょっとキレイにまとまりすぎてる。『フランス組曲』は映画になったが、この『クリロフ事件』も勝手に脳内映像が浮かんでくる本だ。さて、もう一冊仕入れてみたので、次もイレーヌ ネミロフスキー だ。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/742-1bab47bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア