Entries

秋の雪

イレーヌ・ネミロフスキーの二冊目は短篇集。
4896424379秋の雪―イレーヌ・ネミロフスキー短篇集
イレーヌ ネミロフスキー Ir`ene N´emirovsky
未知谷 2014-03

by G-Tools

以下、5篇
『舞踏会』
『秋の雪』
『九月の午餐』
『幸福な岸辺』
『腹心の友』


1929年から1941年までに発表された5篇。彼女の作家としての活動期間はほんの10年足らずだったが、長短篇あわせて、20作を超える作品を残しているから、自らの激動の半生を反映させながら、題材は次から次へとほとばしり出ていたのかも知れない。死後、2004年になって発見された『フランス組曲』を契機として、再評価され、むしろ生前より現代の方が評価が高いのだろう。が、ロシア革命を逃れ、フランスでフランス人になろうとカトリックに改宗してまで帰化しようとしたのに、受け入れられなかった挫折も含め、一体何を思って短い人生を過ごしたのかは、日本語で読めるものはあまりない(フランスでは出版されているらしい)。

個人的な一押しは「秋の雪」。ロシア(ウクライナ?)の地からパリへ逃れた裕福な一家に代々乳母として仕えた女性の話し。狭くて暑くて風通しの悪いアパートで老いてゆく彼女が、故国を思い出し、その寒さを焦がれながら雪を待つシーンが残像に残るよう。

2冊完了して思うのは、人物の心情描写の細かさ、それは物語の中で相反する人物の双方を偏ることなく、客観的に平等に描いている凄さだと思う。が、その心情描写の細かさは、読んでいて時々こちらの神経が痛く、辛くなるくらいで、readabilityが高いが故に止めることもできず、かなり精神的にはやられる。「舞踏会」然り、「腹心の友」然り。痛さには個人差はあるだろうけれど、このreadabilityの高さは、意図せずしてエンタテイメント要素も豊富で、読者に満足感を与えることは間違いないんだろうな。

作家デビューを果たし、評判をとった『ダヴィッド・ゴルデル』と、『フランス組曲』までは、読むべきかしらん、と思いながら、アマゾンを眺めているが、高止まりの古本価格に現在足止めを食っている。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/743-49f154bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア