Entries

ダヴィッド・ゴルデル

「クリロフ事件」
「秋の雪」
ときて、イレーヌ・ネミロフスキーの三冊目を読んでみた。これが26歳の時に書いた処女作だという。持ち込まれた出版社も、この激しい小説の著者がまず女性であること、そして26歳という若さに2度驚いたという。

4896424387ダヴィッド・ゴルデル
イレーヌ ネミロフスキー Ir`ene N´emirovsky
未知谷 2014-04

by G-Tools

ジュリアン・デュヴィヴィエのトーキー第一作として映画化されたというが、なるほど読んでいて映像が浮かびやすい。3冊読んだが、彼女の作品は確かにどれも映像が浮かぶ。

ユダヤ人の叩き上げの実業家、ダヴィッド・ゴルデルの晩年を描いたこの本は、「ユダヤ人が嫌いなユダヤ人作家」によって書かれたと、親ユダヤから非難され、反ユダヤからは恰好のネタにされた。貧しいユダヤ人の移民が来る者すべてを叩き潰して成り上がり、周りは常に敵だらけ、妻も娘も金の無心しかせず家庭は崩壊、そして今や狭心症の心臓発作で自らの人生の終わりが忍び寄ってきた。出だしは、同じくユダヤ人で共同経営者だったマルキュスが、ダヴィッドの援助拒否に合い、自殺を遂げるシーンから始まる。「ばかめ破産した位で死ぬのか、何故やり直さないんだ」と云い放つダヴィッド。

出だしからこれだったので、少し怯むのだが、すぐに彼がただの強欲ジジイでもないことがわかる。彼は金を貯めることに興味があるわけではなく、儲けた金は次の投資に注ぎこむギャンブラーで、だから巨万の富を持っているように見えて、同じくらい負債も抱えている。ビジネスのことなど何も知らず興味もない妻と娘は、ただただひたすら彼から金を引き出させ、宝石や放蕩に注ぎこむ。彼と同じ出自で、貧しいユダヤの卑しい娘だった妻は、狭心症で倒れた夫に、今死んでならない、すべての後始末をつけてから死ねと、彼を責める。そして溺愛する娘は、お前の子ではないと云い放つ。一方娘は、無一文のロシア亡命貴族とスペイン旅行に行くために車が欲しいと金を病床の父にせがんだり、遊蕩三昧。出てくる人が皆、デフォルメされ過ぎている感があるが、そのおかげでドライブ感が増していることも事実だな。

自分の娘ではないと云われたその娘のために、最期の賭けをしに自分の故郷ソ連のテイスクに向かう。死に瀕している状態でも彼の強い意志と意識は生きている。だが契約締結が終了し、帰途につく船の中でついに力尽きて果てる。最期の勝負は己のプライドだったのか?娘への愛だったのか?死に際に彼の傍らに居たのは、テイスクを逃げ出しパリに向かおうとしていた若者だった。かつての自分と同じその若者に、自分の死を伝えて欲しい相手の名と住まいを告げ、持ち金はすべてやると云って、息を引き取る。でもきっと若者は、金だけとって伝言は届かないのだろうなあ。

確かにあまりにも寂しい最期だ。だが、自分の才覚だけ信じ、何があっても起き上がるそのエネルギーは、ユダヤ人嫌いには決して描けなかったと思う。故郷を離れざるを得なかったネミロフスキーだからこその愛情がそこにはありはしないか(少々複雑な愛情だが)。読み終えて思うのは、彼女の作品は読みやすいし、一気読みタイプで気持ちがいい。が・・・・私にはちょっとドラマチックすぎるかあな。抑えて抑えて・・・が好きなタイプには、やり過ぎ感が残る(あくまで、私には・・・)
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/749-761f0486

トラックバック

コメント

[C514]

これ読んだだけでかなり強烈なものを受けそうだ。
私は好みかも(笑)
  • 2017-04-27 12:58
  • mAr
  • URL
  • 編集

[C516]

映像にするなら丁度いい気がするので、私としては、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の映画を見てみたいです。が、日本語ではムリときている・・・
  • 2017-04-28 11:54
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア