Entries

奇跡なす者たち

「宇宙探偵マグナス・リドルフ」 「天界の眼: 切れ者キューゲルの冒険」に続き、三冊目のJack Vance。国書刊行会では、ジャック・ヴァンス・トレジャリーの第3巻目、『スペース・オペラ』がまもなく発売になろうとしている。うれしいなあ・・・

4336053197奇跡なす者たち (未来の文学)
ジャック・ヴァンス 浅倉久志
国書刊行会 2011-09-26

by G-Tools

今回は短篇集
「フィルスクの陶匠」(酒井昭伸訳) The Potters of Firsk
「音」(浅倉久志訳) Noise
「保護色」(酒井昭伸訳) The World Between
「ミトル」(浅倉久志訳) The Mitr
「無因果世界」(浅倉久志訳) The Men Return
「奇跡なす者たち」(酒井昭伸訳) The Miracle Workers
「月の蛾」(浅倉久志訳) The Moon Moth
「最後の城」(浅倉久志訳) The Last Castle


マグナス・リドルやキューゲルのシリーズを読んでいた時は、ただただ楽しかったが、この短篇で思ったのは、これはもうブンガクだなあ、ということ。SFは喰わず嫌いだが、これが今でもSFと呼ばれるのなら、それは撤回しないといけないかもしれない。ケタケタと笑うことは少なかったが、その描写の見事さといい、異星人間の戦争の様といい、これは毛色はちょっと変わっていようが、異文化間コミュニケーション論と云ってもいいかもしれない。宇宙を舞台に、人間の?地球の?常識にとらわれずに、異なる世界を舞台に作り上げるジャック・ヴァンスは天才!と私なんかは思ってしまう。色彩の見事さ、音楽の使い方、五感の表現、一体どうやったら、こんな異次元の感覚を思いつけるのか不思議だ。

超未来の話しとすると、途轍もなく進歩した科学が最先端のものかと思いきや、そこにあるのは、むしろ魔術や原始の世界であったりする。無理やり考えれば、過去の人類の暗い闇の歴史を下敷きにしているのかと思えなくないが、そんな当てはめ方も無粋な気がする。まことに見事な豊潤たる世界。ヴァンスの起伏にとんだ放浪人生なくして、これだけの創造力は生まれてこなかったのかもしれない。

これは傑作選なのか?と思ったりしたが、もしそうじゃないとしたら、まだまだお宝が一杯なはずなので、強く復刊を希望!!
さて、私は何が好きだったかと云えば、奴隷と貴族のお話しに見える大作『最後の城』を押しのけて、皆が仮面を被って素性を隠し、言葉は楽器の調べに乗せ、まるで和歌でも詠んでいるかのように会話するという『月の蛾』。想像するだけで無気味でシュール。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/753-5be10458

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア