Entries

ウチに帰ろう

6月9日(金)に父が退院し、2か月ぶりに自宅に戻った。

病院にいると病気になるというのは、ホントだと実感していた。でも病院は治療をするところで、認知症患者に世話をしてくれるところではない。それはわかってはいる。でもね・・・でも、なのよ。2か月も病院にいると高齢者がどうなるのかは、怖い噂しかない。でも覚悟を決めて、病院から出してみた。”ウチに帰ろうね・・・”

覚悟なんて現実の前には、ヘナヘナと崩れ落ちる。6月9日から昨日まで10日ほぼべったりと張り付きになった。会社も半分くらいしかいってないな。今週からヘルパーさんの手当てがどうにかついたが、それでも介護保険の限界はある。自費払っていたら、破産する。私の毎日は朝の6:30から夜の9時過ぎまで、会社と介護で休みなしノンストップとなった。そして土日も張り付きとなった。自分の家でご飯どころか、お湯も沸かしていないこの10日間。私だって時には用事もあるが、隙間を見つけて、自転車で駆け回る元気がまだ出ない。自分の家での記憶もほとんどない。これ全部グチじゃなくて、ただただ大変なのである。世の中、こんな人は沢山いて、だから介護離職だの、介護殺人だのが起きてしまうんだろうな。行政の悪口をいうつもりはない。介護保険はありがたいことなんだが、介護に限らず、育児にしても、行政の仕組みだけでどうにかなるわけじゃない。仕組みの狭間の色んなことがあるからこそ、人は暮らしていかれる。よーくわかります。

本?読む時間も気力もない。気力は正確にいうと、常に頭の中に父の世話のことがあり、体も休まらないが、気持ちが休まらない。気の抜き方をまだ会得していない。本を読めるような精神状態になることが、先ずの目標。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/757-1309a1f0

トラックバック

コメント

[C523]

おかえりなさい。(というのもヘンですが。。。)
近年みんなが直面してるこの問題。解決の糸口が見えてないことが辛いです。地方から来ている方々はどんなことになっちゃってるのか?気の毒です。
ウチは祖母が103歳になり、昨年から(それでもずいぶん遅いですが)骨折したのをキッカケに施設に入ったものの、復活。全く元気で、たまに会いに行っても会話も普通、話が飛んでもついてこれる。そこにいる本人も暇で辛いでしょうと可哀想になります。でも何より、介護する家族の大変さが日本中で大問題ですね。
Green さん本人が倒れないようにね。
  • 2017-06-21 15:14
  • mAr
  • URL
  • 編集

[C525] Re: タイトルなし

まず、私が倒れないようにしないといけないんです。介護はされる方もする方も両方が快適にならないと・・・
しかし、総じて女性は元気ですね。103歳ですか!立派です。
  • 2017-06-22 11:55
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア