Entries

京都のおねだん

この春から姪っ子が大学入学を機に、何と京都暮らしを始めた。どうも京都に行きたかったらしく(動機は聞いたがよくわからん)、はなから京都狙いの大学受験で、見事に京都行を果たした。動機はさておき、心意気は伯母さんも認めている次第。受験前の下見で、母(つまり妹)と伯母さんと姪っ子の三人が、能天気に観光気分で日帰り京都旅行をしたのは、去年の秋。まだ紅葉はだいぶ先でちょっと暑いくらいの晴天の一日。思い出すに、伯母さんはおそらく30年ぶりとなる京都訪問であった。そして驚いた。京都という町はこんなにいい町であったのか!修学旅行から私もずいぶん大人になって、見えるものが違ってきた(当たり前だ!) 姪っ子ではないが、私だって住めるものならちょっと住んでみたいと真面目に思った。そんなにわか京都かぶれがこんな本を楽しく読んでみた。

4062884194京都のおねだん (講談社現代新書)
大野 裕之
講談社 2017-03-15

by G-Tools

なぜこれがこんな高いのか、あんな安いのか、なんで無料なのか、そもそもあんなものになんでおねだんがつくのか――
大学進学以来、京都住まい二十余年。往々にしてそんな局面に出くわした著者が、そんな「京都のおねだん」の秘密に迫る。
そもそも「おねだん」の表示がされていない料理屋さん、おねだん「上限なし」という貸しビデオ屋、お地蔵さんに生ずる「借用料」。
そして究極の謎、花街遊びにはいくらかかる?

京都人が何にどれだけ支払うのかという価値基準は、もしかしたら京都を京都たらしめているゆえんかもしれない。
京都の「おねだん」を知ることは、京都人の思考や人生観を知ることにつながるはず。
2015年サントリー学芸賞芸術・文学部門を受賞、気鋭のチャップリン研究者にして「京都人見習い」を自称する著者による、初エッセイ。


筆者は大阪出身で京都住まいだが、京都大学の学生時代から京都に住み続けているという。そんな20余年の年月でさえ、京都1200年の歴史の前では、赤子も同然らしい。そしてそれは十分にわかっている筆者は、控えめにでも興味津々で京都ならではの経済学とお金の価値を話してくれる。嫌みのないなかなか楽しいエッセイだ。もちろん、在野の人間がまっさきに考える舞妓さんと遊ぶといくらかかるのか?とか、価格表のない世界の話しはあるが、それはあくまで外側にある飾りみたいなもので、当然ながら、京都観光案内書でさえない。その舞妓と遊んだらいくら?は実験も行い請求書コピーも載せてくれているが、それは実は本題でもない。なるほどと思うのは、舞妓さんとそれを抱える置屋さんの仕組み、そしてお財布を持たずにモノの値段も知らないという舞妓さんという存在の意味の方がなるほどなのである。但し、一番面白かったのは、教師も生徒も変人奇人の自由を求める京都大学の自前ネタなんだけどね。

ということで、お値段調査の本だったら、楽しくもなんともなかったが、それを知りたくて買ってしまった人には、ちょっと期待外れになるかも知れない。

他の地域ではすっかり廃れてしまったが、京都ではいまだ息づくコミュニティーのこと、「旦那」と呼ばれる人種が脈々と生きていけるわけ、値段表が存在しないわけ。東京遷都150年を経て、なお続く京都の庶民の底力を見た気がする。そして伝統を守るためには、常に新しいことに興味津々でチャレンジするのも、京都を京都足らしめている一つの理由だ。学生や研究者や文化人にも京都は優しいという。そして貧乏人からは金をとらず、金持ちからはいただく。でもお金を払うことの意味が、見かけの損得や大小ではない。騎士道にもちょっと通じるような理屈がそこにあるのが、金がすべてになりがちな現代にあっては、稀有なこと。

ああ、京都に行きたい。でもさすがに今は行けないこのもどかしさ。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/758-709d77f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

フリーエリア

フリーエリア