Entries

The Man Who Wouldn't Get Up and Other Stories

邦訳がつい最近発売されて(邦題:起きようとしない男)、ああ~~と思い出したDavid Lodge.

「The British Museum is Falling Down」やら、「Small World」やら、「Changing Places」やら、「Nice Work」やら、「Paradise News」を読んでみたが、それもかれこれ5年も前の話しだった。このオリジナルは1990年代の終わり頃発売されているようなので、邦訳がようやく・・・の本。Lodge先生には珍しい(と思う)短篇集。

1784704687The Man Who Wouldn't Get Up and Other Stories
David Lodge
Vintage Books 2017-02-28

by G-Tools

以下8篇収録:書かれた時期は1950年代から最新のものでは21世紀に突入したものもあり、時代背景もそれぞれ。
The Man Who Wouldn't Get Up
The Miser
My First Job
Where the Climate's Sultry
Hotel des Boobs
Pastoral
A Wedding to Remember
My Last Missis


Lodge先生の本は、私なんかには一生に一度ここでしか絶対に出会わないんじゃないかと思われる単語が多すぎる。長篇だとそのあたりは見なかったことにしてもどうにかなるが、短篇は迷子になったまま話しが終わってしまうことがある。真ん中2篇は中弛みしたが、でもそれ以外はどうにかなった(どうにか・・・)。今までの作品の印象からすると、この短篇集は相変わらずだなあ・・・という気持ちが湧く半面、ちょっとおとなしい感じはする。おとなしいは、ドタバタ具合やどんでん返しの程度のレベルを云うのだが、おとなしいだけにどこか深淵な雰囲気も漂う。カトリック教義ももれなく随所にでてくる。そして、やっぱりどこへ行っても何だかちょっと滑稽な英国人が可笑しい。

一番面白かったのは、タイトルにもなった『The Man Who Wouldn't Get Up』。チックリットみたいで一番すんなり読めたのは『A Wedding to Remember』。チックリットみたいと思っていたが、終わり方はただのチックリットじゃなかったところが、ちょっとアカデミック風。
 
”起きようとしない”という発想も凄いが、これにInspireされて作ってしまった家具(?)がこれ。
For The Man Who Wouldn’t Get Up – Hommage to David Lodge
Lodge先生のおひざ元、バーミンガムのアートギャラリーにあるらしい。マッサージで使うような穴のあいたところに顔をはめ込み、書いたり読んだりできるそうだが、食べる時はどうするんだろう?とっても飲み込みずらそうだ。『The Man Who Wouldn't Get Up』は、怠惰で起きないわけではなく、生きることに厭きてしまった男。どこまで厭きればいいのか私には一生わからないだろうが、起きないという決断は、いわば人生放棄で、そこが単に笑って終われないLodge先生の本。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/767-0228eacb

トラックバック

コメント

[C536]

>やっぱりどこへ行っても何だかちょっと滑稽な英国人が可笑しい。
イギリス人もそうだけど、イタリア人も滑稽な扱いになってることが多いですよね。タイプは違うけど!
じゃあ、いつも滑稽じゃない扱いはヨーロッパ内だとどこだろ?

因みに今更ながらですが、先日のコメント名無しで投稿してしまったようで失礼(^_^;) いつもは既に名前欄に入っているのになあ。
  • 2017-09-13 20:11
  • mAr
  • URL
  • 編集

[C537]

昔、イギリスで一緒だった友達と、誰からもバカにされないヨーロッパの国はどこだろう?果ては、何人になったらバカにされないのか・・・という話しになったときに、
イギリス=大陸の国からは、アメリカの仲間扱いされる
ドイツ=やっぱり嫌われている
フランス=イギリス人は農民扱い。ドイツとフランスは今でも仲が悪い。
イタリア・スペイン・ポルトガル=やぱりどこかラテンの格下扱い
アイルランド=恰好のジョークネタ
ロシア=酒ネタ多し
じゃあ、スイスか?北欧か?ということになりましたが、そうはいっても小国なので嫌われていないのかもしれないだけということになり終了しましたっけ・・・


  • 2017-09-14 09:27
  • Green
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア