FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/774-53a6f475

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

An Artist of the Floating World

悔しいが流行りものに手をだしてしまった。読んだのはKindle for iPhone. だから、この”如何にも”な表紙を見たときは、クスッと笑ってしまった。こういう方が売上がいいんだろうな。「An Artist of the Floating World」は「浮世の画家」となったらしい。浮世は浮世であって、浮世絵じゃないんだが・・・
0571209130An Artist of the Floating World
Kazuo Ishiguro
Faber & Faber 2001-04-09

by G-Tools

開口一番、すいません、かなり辛い読書でありました。確信したのは、Ishiguro氏は日本語はかなりわかるんだろうな、ということ。今時の言葉や日常の崩れ切った話し言葉はさておき、体裁の整ったものであれば、かなりいけるはず。それと、これはどこかで読んだ気がするが、小津安二郎の映画をよく見ていたらしいが、なるほど、だ。が、英語の先に日本語がチラチラと浮かび、悪く云えば、日本語を英訳したのかと錯覚するような英語に、私には思えた。が、そこはイギリス人故、少々デフォルメがかかっている気がして、だからこそ日本人故、違和感があるんだな。過剰なまでに、上下関係や親子関係というヒエラルキーを尊重したまどろっこしい話し方、上の人に対する遠まわしな、でも遠慮し過ぎな話し方、ちょっとジメっとし過ぎる。それらが読んでいてどうも気になり、それがぬぐえないまま、苦しいが読了した・・・という次第。そして、とっても不思議なんだが、登場人物はみな所謂日本人の名前(YamadaとかSuzukiとか)で登場するのに、どうも途中で誰が誰だかわからなくなる。さして沢山の人がでてくるわけではないんだが・・・

話しは戦後すぐ。画家であった主人公は、芸術性を重んじる画家から、戦意高揚の画風に転換するのだが、終戦を迎え価値観が180度転換し、若い世代は新しい意識を持つようになる。老齢の画家は、妻と長男を失くし、娘二人が残っている。この本は彼が語り手となり一人称で進む話し。そこに、「信用できない語り手」手法がとられているため、彼の記憶の曖昧さ、悪く云えば、自身の誤魔化しがあるため、本当のところはよくわからない。彼を毛嫌いする同僚、父の意見に遠慮がちに賛同しかねている娘たち、無意識下の罪悪感などは、読む側で想像を膨らますしかない。彼の画家としての影響力も実際のところは語られているよりも低いのだろうが、自意識が許さない。知り合いの中に、戦中の戦意高揚に加担したものが戦後糾弾された事実を知り、次女のお見合いが、同様の経歴で破談になることを恐れ、過剰に(ある意味滑稽なほど)取り繕う様子もある。しかし、主人公は糾弾されている節もなく、ある意味悠々自適な暮らしにみえるので、おそらく自尊心故に隠蔽している主人公がそこにいるんだろうと想像する。

時代の変化の中で、自身の半生を自分でどう正当化するか?主人公の姿勢は痛々しく悲しいが、我が身に置き換えれば、それは理解もできる。舞台は違うが、確かに「日の名残」と底辺では共通するものがある。

イシグロ氏の中の日本が、よくわからないのだが、どうも英国育ちのという先入観が邪魔をして、重箱を隅をつつくような読み方になってしまった。彼の描く戦後の日本は、彼の主観的な世界にだけ存在する独自のものだと思えばいいんだけど・・・
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://besideabook.blog65.fc2.com/tb.php/774-53a6f475

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Green

Author:Green
夜な夜な本読む・・・日本語は海外文学ばっかり。英語はフィクションばっかり。喰わず嫌いでどこまでいけるのか?

流行りモノとか、人気モノとかすっかりどうでもよくなり、本と散歩とあとはぼぉ~~っとすることだけが今の楽しみ(それでいいのか?)

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。